フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 半端ない「最果て感」浦和美園 | トップページ | 赤羽岩淵 »

2018年6月 7日 (木)

池袋・燦々

 池袋に「燦々亭」っていう焼肉屋さんがあるからというわけではないのだが、何故か「池袋」と「燦々」っていう言葉が結びついて頭にこびりついている。この日は雨交じりの天気で、いかにも「お日さま、燦々」ではないってのにね。

 何故だか分からないのだが、「まあ、いいさ」とばかりにブログのタイトルにしちゃうという安易さは何なんだ?

 まあ、それもブログ、これもブログ。馬鹿々々しかったら読まないだけだもんね、って言われておしまい。

Dsc_00022

 しかし、池袋に行っても表通りのデパートとかショッピングに行かないで、裏通りの飲み屋街にばかり目がうつってしまうのはなぜだろう。

Dsc_00032

 表通りで行くのはビックカメラのカメラ館とパソコン館、東急ハンズくらいのもので、ああ、あとはジュンク堂の一番上の写真集コーナーと1階の新刊コーナー位のものだ。サンシャイン60なんてのも、最近は行かなくなってしまったなあ。

Dsc_00142

 で、定点観測的に行くのが昔の飲み屋街だけなんだが……。

 東口に行って美久仁小路も栄町通りも、いまや風前の灯。店もだいぶ歯抜けが目立ってきてしまっているもんなあ。

Dsc_00172

 というか、今やこんな裏通りの飲み屋なんかに通う人はいなくなっちゃったんですね。若者はもっと明朗会計の「ちゃんとした」飲み屋(居酒屋っていうんですか?)に行って、普通に飲み過ぎないようにしてお酒をのんでます。

 いまや、「酔っ払い」ってのは「みっともないオヤジ」の代名詞なのだ。

Dsc_00092

 もはや池袋もノスタルジーだけで生きていく街になってしまったんだろうか。

Dsc_00112

 そんなことを考えている私もノスタルジーだけで生きている? う~ん、そんなつもりはないんだけれどもなあ

Dsc_00192

 ちょっと人生に疲れた私がいる……。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2.8 D @Ikebukuro ©tsunoken

« 半端ない「最果て感」浦和美園 | トップページ | 赤羽岩淵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66777345

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋・燦々:

« 半端ない「最果て感」浦和美園 | トップページ | 赤羽岩淵 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?