フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京周縁部を往く・やっぱり西新井 梅島か | トップページ | 水郷佐原は何で持つ? »

2018年6月21日 (木)

『学歴フィルター』なんかぶっ飛ばせ!

「学歴フィルター」っていうと、どこか「悪いこと」のように言われているんだが、そんなに悪いことなのかなあというのが私の考え方で、問題は「リクナビ」や「マイナビ」なんかで「誰でもエントリーできる」っていうのが一種の「幻想」を学生たちに持たせてしまい、その結果「裏切られた」なんていう思い違いの批判が出てしまっている、というのがその問題の真相のように思えるんだ。

 何しろ、私たちが就活(なんて言葉もなかった時代だ)をしていた頃なんて「指定校制度」なんてのがあって、初めから「その会社を受けることができるかどうか」が大学によって分けられていた時代だったのだ。そんな立場から見ると「まさしく就活は幻想」、学歴フィルターがあるのは企業側からの「安全弁」であり、そのことに学生が気づかされるのがちょっと遅くなってしまっただけ、ってな具合に思えるんだがなあ。

Photo_2 『学歴フィルター』(福島直樹著/小学館eBooks/2018年6月6日電子版刊)

 ところで「学歴フィルター」ってどんな具合に使われているんだろう。

『・上位大学……入試選抜度、偏差値の高い大学。東大、京大、そのほかの旧帝大、一橋、東工大、及び国公立大、早慶上智、ICU、東京理科大、GMARCH(学習院、青学、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)など。

・中堅大学……入試選抜度、偏差値が中位レベルの大学。日東駒専(日大、東洋、駒澤、専修)、産近甲龍(京都産業、近畿、甲南、龍谷)、大東亜帝国(大東文化、東海、亜細亜、帝京、国士舘)など。

・低選抜大学……入試選抜度が低く、偏差値が 40 前後、あるいはそれ以下の大学。時折メディアで話題になる、定員割れで受験生すべてが合格する大学、つまりボーダーフリー(Fランク大学)もここに位置する。』

 なるほど、じゃあ、そんな学歴フィルターってどんな企業が使っているんだろうと思ってみると、意外と予想通りではない。

『大手総合商社や大手マスコミ、大手金融、大手メーカーなどの人気企業の事務系総合職は、熱意のある就活生が集中しハイレベルな競争が繰り広げられている。そんな状況もあり、中堅、低選抜大学の学生の中には最初から諦めて避ける人も少なくない。反対に、中小企業では受けに来る上位大学の学生が極端に少ない。
 その点、大手企業の子会社には上位大学から低選抜大学まで満遍なく学生が受けに来る。上位大学の学生は大手企業の冠に惹かれ、中堅大学、低選抜大学の学生も、あくまで子会社であり大手企業本体ではないので気後れしないからだ。このように幅広く学生が集まる企業において、学歴重視で採用しようとすれば、大手企業以上に学歴フィルターを使う動機が強く生じるのだ。』

 うーん、そうか。結局、学歴フィルターってのは上位企業だろうが下位企業だろうが、関係なくそれぞれの企業で使っている考え方なんだな。

『いまやセミナーや会社説明会はインターネットで申し込む時代だ。企業がインターネット上で学歴フィルターを使うとき、具体的に何をどう操作しているのだろうか。
 人気企業は学生を募集するにあたって、「リクナビ」、「マイナビ」、「キャリタス」など複数の就職ナビを使うことが多い。それぞれの管理画面で応募してきた学生の情報を管理するのは面倒であり、漏れやダブりなどのリスクもある。
 そのため複数の就職ナビを1か所で管理できるソフトウェアがいくつかの企業から提供されている。仮にこれを「Sシステム」と呼ぼう。
 この「Sシステム」を使って学歴フィルターが操作される。

・会社説明会の受け付けにおいて、上位大学60名、中堅大学30名、低選抜大学10名(合計100名)といった具合に、あらかじめ受け付け可能数(枠)を設定する。さらに細かく、東大20名、一橋15名、早稲田50名、慶應50名というように大学ごとに設定することも可能だ。
・就職ナビ自体に「Sシステム」の一部機能を持つものもあり、会社説明会の告知画面を大学や大学群ごとに変えることもできる。告知画面に「早稲田大学の皆さんへ」というような特別感を演出した表現やコンテンツを入れ、好感度を上げて人気企業ランキングで投票してもらおうとする企業もある。
・上位大学→中堅大学→低選抜大学という順番で、時期をずらしてセミナーの案内メールを送る。申し込みは先着順のため、自然とセミナー参加者は上位大学の学生が多くなる。学歴フィルターを使用しなくとも、一般的にセミナーは上位大学の学生が多く参加する(その点、確かに上位大学の学生には熱意がある)。それでも企業が学歴フィルターを使う理由は、万が一、中堅、低選抜大学からの申し込みが多かった場合に備えているものと思われる。中堅、低選抜大学の学生で枠が埋まり、結果的に上位大学の参加者が減る事態を人事は何としても避けたいのだ。
・上位大学生にのみリクルーター面談の案内メールを送り、メールに記載されている申し込み画面のURLにアクセスしてもらい、予約してもらう。』

 っていう、結構、面倒な作業を企業側も行っているんだなあ。まあ、それだけ企業側も「学歴フィルターを使っている」という形でネットで炎上することを避けようってのだろう。実際には学歴フィルターを使いまくっているんだが、それがばれて炎上し企業イメージを損なうことを嫌うんだろう。まあ、企業イメージっていうのは、対象が就活生だけではなくて、一般社会におけるその企業のイメージにつながってくるので、それなりに慎重にならざるを得ない。

 じゃあ、本当に学歴フィルターっていうのはそんなに厳密に使われているんだろうか、っていうとそうではないみたいだ。

『学歴フィルターや学歴差別を乗り越えることは可能だ。実際、私は今まで多数のそのような中堅大学、低選抜大学の就活生を見てきた。上位大学ほどの比率ではないにせよ、事実として中堅大学、低選抜大学から人気企業に内定しているのだ。』

『学歴フィルターで排除され、会社説明会(セミナー)に参加できない場合はどうすればいいのだろうか。簡単である。行けばいいのだ。
「行く? どこにですか?」
 学生はそう疑問に感じるかもしれない。行き先はもちろんセミナー会場だ。たとえWEBの申し込み画面で「満席」と表示されていようと、アポなしで行くのである。人事に怒られるのではないか、などと心配する必要はない。きちんと対応すれば怒られない。
「申し訳ございません。予約はないのですが御社への思いが強く、なんとしても参加させていただきたいと考えて来てしまいました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。立ち見で結構ですので参加させていただけるよう、ご検討くださいませ」』

 なるほどなあ、企業だって別に大学みたいに「自分の学校の教育レベルについていける人間を学生として採る」んじゃなくて、要は「ヤル気」と「状況に応じた態度がとれる常識人」であれば問題はないわけで、その人がその企業にどれだけ貢献できるかは、いずれにせよ入社してから数年経たなければ分からないのだ。だとしたら、面白そうだからこんな奴でも採ってみようかってな気分にもなろうってもんだ。

 まあ、要は大学入試でも合格してしまったらそこでおしまいなのではなくて、大学でどんな勉強・研究をするのかが大事なのである。それと同じ、というかそれ以上に企業に就職するっていうことは、それこそ「職に就く」ことが大事なのではなくて、その会社で「何をするのか」ということが大事なのだ。

「学歴フィルターがある」の「ない」のってことより大事なのは、「貴方がその企業に入って何をしようとしているのか」ということなんだなあ。つまり、それが明確にあるのであれば、それを企業側に伝えることでもって「学歴フィルター」なんてものは簡単に突破できるんだっていうことを、大学生には知ってもらいたいもんだ。

 たかだか「学歴フィルター」なんてもにのにぶち当たって、それでもって人生を諦めてしまうっていうだけで、貴方は負け犬の人生を送ることになるのだ。

『学歴フィルター』(福島直樹著/小学館eBooks/2018年6月6日電子版刊)

« 東京周縁部を往く・やっぱり西新井 梅島か | トップページ | 水郷佐原は何で持つ? »

」カテゴリの記事

コメント

国家公務員の総合職合格者はとても作文や話しが上手。
矢張り一流大学の卒業生は出来が違うと毎年思っています。

おはようございます
私の場合本当にやりたいことで大学を決めましたので(その大学は日本で4校しかありません)偏差値や学歴は最初から度外視でした。
ですから学歴で大学を評価するというのがなんともバカらしいことだと思い、ある意味日本の後進性を感じます。
では、
shinzei拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66850548

この記事へのトラックバック一覧です: 『学歴フィルター』なんかぶっ飛ばせ!:

« 東京周縁部を往く・やっぱり西新井 梅島か | トップページ | 水郷佐原は何で持つ? »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?