フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 大森ベルポート=初芝電産??? | トップページ | 東京周縁部を往く・赤塚氷川神社の富士塚 »

2018年6月24日 (日)

横浜中区野毛本通りは伊勢佐木町の入り口

 JR横浜線の桜木町駅を降りて、西進。井土ヶ谷とか上大岡の方へ進む平戸桜木道路を少し進むと京浜急行の黄金町駅前へでる。

 黄金町の少し手前、野毛山動物園から降りてくる道と平戸桜木道路との交差点が野毛の交差点である。

Epsn44682

 交差点のそばに多分横浜で一番大きい中古カメラ店「大貫カメラ」があって、桜木町で降りると必ず寄るんだけれども、その大貫カメラがある場所のそばの野毛交差点を大岡川方面へ進む道が野毛本通である。

Epsn00153

 そのまままっすぐ進むと大岡川を超えた辺りが吉田町で、すぐに伊勢佐木町に至る。伊勢佐木町に近いからというわけではないけれども、野毛の町も飲み屋街・繁華街として相当な賑わいを呈している。

Epsn44912

『戦前も伊勢佐木町が繁華街として中心でした。桜木町がターミナルだった為に、野毛を通って多くの人が行き来していましたが、戦後伊勢佐木町も駐留軍に接収されたりで、まして焼け野原で繁華街としては出遅れました。野毛は接収されることがありませんでしたから、焼け野原に戸板1枚の上に品物を置いて売ったのが始まりで、1年も経たないうちに「野毛に行けば、何でも揃う」という街になりました。桜木町駅(旧横浜駅)付近の桜川沿いには、カストリ横丁、又くじら横丁、クスブリ横丁などと飲みや街もでき全国から人が集まって来ました。
 書店と露店が向かい合っており、露店は朝設置し、夕方(毎日)撤収で、お客様は昼間まるでトンネルの中を通って商店を見ている感じでした。』(「野毛本通り」サイトより)

Epsn44702

 なるほどなあ、昔は現在の桜木町駅が横浜駅だったわけで、その横浜駅を降りて一番の繁華街である伊勢佐木町へ至る道が野毛本通りだったわけなんだ。

 ただし、今では本屋さんなんてものはなくて、ほとんどが飲食店(というか昼間はやっていない飲み屋さん)になっている。で、そんな昔の雰囲気が残っているのが、この大岡川沿いの長屋風の飲み屋街だろうか。いやあ、なんとも見事な長屋ではあります。

Epsn44932

 もうひとつ面白いのは一枚目の写真もそうなんだが、舗道の敷石に描かれているレリーフである。

 山下公園に近い舗道にも「いかにも横浜」な絵が描かれた敷石が数多くあるんだが、ここ野毛ではやはり「いかにも野毛」っていう感じのレリーフで面白い。

Epsn44712

 山下公園に対抗しているのかな。

Epsn44722

EPSON R-D1s LEITZ CANADA SUMMICRON 35mm f2 & LEITZ ELMARIT-M 28mm f2.8 @Noge Yokohama ©tsunoken

« 大森ベルポート=初芝電産??? | トップページ | 東京周縁部を往く・赤塚氷川神社の富士塚 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66861454

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜中区野毛本通りは伊勢佐木町の入り口:

« 大森ベルポート=初芝電産??? | トップページ | 東京周縁部を往く・赤塚氷川神社の富士塚 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?