フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『カメラはじめます!』って言うほどの問題じゃないんだけどね | トップページ | 久々の逗子に来てみれば…… »

2018年5月 6日 (日)

蒲田昨今……あまり、以前と変わっていない

 JR京浜東北線の蒲田駅と京浜急行の京浜蒲田駅周辺は何度か撮影に来ている。まあ、それだけ写真撮影をしたくなる「下町感」というか「場末感」がする街なのであります。

Epsn00222

 その昔、松竹蒲田撮影所があってそれなりに賑わったのかも知れないのだけれども、東映の大泉、東宝の成城(というか砧)、日活や大映(角川)の調布という具合に、基本的に映画の撮影所っていうのは、首都の周辺地域というか、要は「場末」にあったのである。

 何故か。勿論、大掛かりなオープンセットなどを作るのに広い場所が必要だし、まあ、一種の工場(「こうば」と読んでください)みたいなものなので、基本的に工場を作っても周囲から苦情が出ない場所に作ったというのがある。しかし、実はもう一つ理由があって、撮影の結果出てくるフィルムの現像に使用する現像液他の廃液の処理の問題があって、大都市の真ん中でそんな廃液の処理をするわけにはいかなかった。まあ、郊外ならそのまんま捨てちゃってもいいんじゃね? ってな思惑もあって都市の郊外に撮影所を作ったというのが、私の見立てなんだけれども、どうなんだろうか。

 勿論、じゃあ東京以外のもっと地方に撮影所作っちゃえばいいじゃん、ってなるんだけれども、それじゃあ出演するスターはまあ旅館にでも泊まらせればいいけれども、それ以外の安いギャラの出演者の分までは面倒みられないもんなあ。で、その結論が「都市と田舎の境界点」ってことなんでしょう。

 その辺、撮影所関係者に聞いた話ではないんだけれども、まあ、当たらずとも遠からずってな話なんだとは思ってはいる。

Epsn00162

 まあ、でもそれ以外の蒲田の町って言えば、まあ「歴史的価値のない北千住」ってところでしょうか。

Epsn00302

「歴史的価値のない」っていうのは、単に「日光街道の宿場町だった北千住」に比較して、東海道の宿場町は北品川から鈴ヶ森までだったんだけれども、蒲田はそこから外れているし、そうした宿場町的な歴史はなくて、大田区の労働者たちが毎日の「仕事の憂さ」を酒で忘れるための町だった、ってなことなんですね。

 で、今でも「仕事の憂さ」ってあるのかなあ。

Epsn00392

 でも、そういう町が今でも昔みたいに存在しているってのが「いいね!」。

 おまけに、海外から生まれて初めて日本に(羽田に)来て、(もしかしたら)最初に見た日本の町が「蒲田」だったら、それはそれですごいことですね。

"Oh! What a drinker's country!"ってなもんですかね。まあ、それは日本じゃなくても、というかヨーロッパやアメリカじゃ「昼間っから酒の飲んでいる」なんて当たり前なんですけれどもね。

Epsn00152

 でも、私は蒲田に来ると、もう「松竹橋」なんていうモニュメント(でしかない)が残っているだけの、撮影所跡なんかよりはとりあえずコチラに行くんです。「カメラのウエダ」 結構、国産中古カメラがウィンドウに並んでいるんだなあ。

Epsn00132

 岡谷光学のLord \6,800とか、富士シックス\7,800とか……思わず「買っちゃおうかな」なんて勢いになってしまうカメラがある。「あっ、いかんいかん。今〇〇〇をネットで注文したばっかりじゃん。」と自制心(ってのが、まだ私にもあったんだ!)を働かせたんですがね。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Kamata ©tsunoken

« 『カメラはじめます!』って言うほどの問題じゃないんだけどね | トップページ | 久々の逗子に来てみれば…… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66680697

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田昨今……あまり、以前と変わっていない:

« 『カメラはじめます!』って言うほどの問題じゃないんだけどね | トップページ | 久々の逗子に来てみれば…… »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?