フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『アニメプロデューサーになろう』って? え? | トップページ | 東京周縁部を往く・篠崎街道から鹿骨街道へ »

2018年5月21日 (月)

西伊豆の世は更けて

 どこが「西伊豆」なんだっていう写真のようだが、ちゃんと西伊豆なんですね。

 例えば、この「てつざえもん」の自動販売機って実に西伊豆じゃありません? あ、勿論「てつざえもん」って言ったって、「鉄っちゃん」のことではないですよ。

Img0332

韮山反射炉PRキャラクター

「てつざえもん」
 てつざえもんは江川坦庵公が日本のからくり人形と西洋の機械技術を融合して作り出した、からくりロボット。坦庵公が存命の時には工業実験の助手をしていた。坦庵公が亡くなるときに、日本の近代化にかける熱い思いが乗り移り、魂が宿った。
 坦庵公の死後は、人々に坦庵公の日本の近代化にかける思いを伝えた。また、韮山反射炉の保存に東奔西走した。

特徴 からくりロボット
年齢 遠の16歳(実際は約160歳)
性別 
性格 熱家、理論家(ひとたび韮山反射炉の話をしだすと止まらない)
特技 、絵、剣術(坦庵公直伝の特技がいっぱい)

作者 手県盛岡市橋晃さん』

 というのが「てつざえもん」の正体。修善寺は韮山反射炉の公式キャラクターなんですね。なんで作者が伊豆の人じゃなくて盛岡の人なのかはわかりません。

Img0142

 そうしてみると、ほうら何となく「西伊豆」っぽく見えてくるから不思議ですね。

Img0302

 レトロな赤い郵便ポストも、なんか「西伊豆」っぽい。

Img0482

 学生時代の友人たちと年に2回行っている温泉旅行なんだが、今回の行き先が西伊豆は松崎町雲見温泉の「太郎」という民宿。釣り客やモーターバイク・ツーリングの人たちが多い宿のようだ。

Img0532

 う~ん、まだ「西伊豆らしくない!」という方。

 これならどうだい? 「天城越え」で有名な「天城隧道(天城トンネル旧道)」だっ。

Img0432

 私は翌日マンション管理組合の総会と懇親会があるので早めに帰ってしまったんだが、他の連中は下田で観光。

Img0542

 でも、5月は18・19・20日って「黒船祭り」でもって町は超混雑。みんなどうしたのかしら。

LEICA M6 LEITZ ELMARIT 28mm f2.8 FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 @Nirayama Amagi Matsuzaki & Shimoda ©tsunoken

« 『アニメプロデューサーになろう』って? え? | トップページ | 東京周縁部を往く・篠崎街道から鹿骨街道へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66741091

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆の世は更けて:

« 『アニメプロデューサーになろう』って? え? | トップページ | 東京周縁部を往く・篠崎街道から鹿骨街道へ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?