フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 横浜関内なぜかサウダージ | トップページ | 1日10,000歩あるく »

2018年5月18日 (金)

前橋シャッター通りはますます……

 前橋市っていうのは言うまでもなく群馬県の県庁所在地だ。

 昔、前橋藩っていうのがあってその藩庁所在地が当然前橋だった。一方、高崎藩っていうのもあって、その藩庁所在地はやっぱり高崎だったわけなんですね。当たり前の話。

Epsn00442

 その前橋市が群馬県の県庁所在地になったのはこんな歴史がある。

『1871年10月、旧前橋藩(前橋県)と旧高崎藩(高崎県)などが一緒になって“第1次群馬県”が誕生し、最初の県庁は旧高崎城下に開庁した。その7か月後には旧前橋城下に移転。さらに1876年、周囲の県と合併して、再び高崎に仮県庁が置かれたのが、“第2次群馬県”である。
 それで一件落着かと思いきや、その後5年間にわたり両市の間で誘致合戦が起こり、1881 年、ついに政府の太政官布告により県庁所在地が高崎から前橋に改定された。』

 この辺は皆さんよくご存じの群馬県令・楫取素彦の二枚舌でもって高崎から前橋に県庁所在地が移ってしまい、いまだに楫取素彦は高崎市民から恨まれているというお話。

Epsn00502

 しかしまあ、言われてみなくても高崎と前橋の経済の差ってよくわかるんですね。それを代表するのは、今や日本全国的に有名になってしまった前橋市のシャッター通り、シャッター・アーケード。

 水曜日っていう、地方都市では商業施設の休業日に前橋に行ったということも理由のひとつなんだが、いやあ、見事な闌れっぷりっていうか、人通りの少なさっていうか、ほとんど歩いていないっていうか。まあでも、商店の休業日っていう発想が、今や時代遅れっていうか、もうそんなことやっている商店街なんて日本中歩いてもほとんどない……、っていうか。

Epsn00702

 中山道の宿場と日光御成街道の分かれ道があった高崎市は昔からの交通の要衝で、現在もJR北陸新幹線、上越新幹線、高崎線、信越線、上越線、吾妻線、両毛線の乗換駅であり、車についても関越自動車道と上信越自動車道など主要幹線が走っている高崎市に比較して、新前橋駅から先が単線になってしまう両毛線だけが唯一の外部とのつながりになってしまう前橋市って、なんか「県庁所在地がこんなでいいの?」という疑問すら湧いてきてしまうのです。

Epsn00812

 当然、前橋市側も手をこまねいているわけではなくて、国道50号線からアーケード街「中央通り」に入るわきには眼鏡のJINS創業者の田中仁氏がスポンサーになって運営している「前橋まちなか研究室」なんてのがあって、いろいろイベントなどを仕掛けてはいるんだが……。

Epsn00552

 どうも前橋市民の保守性っていうか、とにかく新しいものに対する姿勢っていうのが、ちょっと残念という感じがして、なんか後ろ向きなんですね。

Epsn00962

 いつまでも萩原朔太郎じゃないと思うんだけどなあ。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA-WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Maebashi ©tsunoken

« 横浜関内なぜかサウダージ | トップページ | 1日10,000歩あるく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66726992

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋シャッター通りはますます……:

« 横浜関内なぜかサウダージ | トップページ | 1日10,000歩あるく »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?