フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 京島②……なんだが | トップページ | 日野は新選組でもつ、新選組は日野でもつ(?) »

2018年5月 2日 (水)

「城址」はあるけど水戸街道「柏宿」はない

 柏市と言えば、松戸市の隣町としてそれなりに大きな町なので多分ここも水戸街道の宿場町だったのではないかと思うんだが、実はさにあらず。水戸街道の宿場は<千住-新宿-松戸-小金-我孫子……>という具合に、柏市は水戸街道の宿場ではなかったのだ。

Dsc_00232

 JR常磐線の柏駅のそばに柏神社という大きな神社があって、そこに「水戸街道の木戸」という由来書がある。

Dsc_00272

『江戸時代、柏市域の一部は小金牧(こがねまき)といわれた幕府直轄の馬の放養地、供給地であり、当時の水戸街道はこの牧の中を通過していました。その情景は下の「水戸土浦道中絵図」から探ることができます。
 牧の中を水戸街道が画面東西に走り抜け、その街道沿いに松並木と思われる樹木、周辺の野原には野馬の群れる姿が見られます。牧のはずれには木戸(「柏木戸」「新木戸」)が置かれ、その周囲には野馬土手が築かれている様子がわかります。
 水戸街道は、水戸藩士の通行や人々の物資の輸送などに使われていた重要な道でした。そのため牧と村の出入り口には木戸を作り、人々の往来を確保し、無宿者や浪人者などにも対処するための関所の役目も果たしていました。明治時代になって地租改正が行われ土地に番地がつくようになると、柏木戸のあったところが柏一番地となりました。
 現在、木戸は残されていませんが、水戸街道の「新木戸」や成田街道(現在の県道安孫子・関宿線)と言われた「花野井木戸」「船戸木戸」などが今でもバスの停留所の名称として使われています。』

Dsc_00312

 で、その由来書にも掲載されている柏神社の先を進んで、Jリーグの柏レイソルのホームグラウンド三協フロンテア柏スタジアムの前を行って、暫く進むと「増尾城址総合公園」に至る。

Dsc_00332

 増尾城とは戦国時代に平川若狭守によって作られた城とされているが、それ以上に詳しいことは分かっていないようだ。というか平川若狭守という人自身が『平川若狭守は小金城主高城氏の家臣で、1590年の豊臣秀吉による小田原攻めの際、安蒜・吉野氏らとともに小金城に籠城した。小金城が浅野長政らの軍勢によって攻められ、一戦もせずに開城した』っていうくらい情けない人だったようで、まあ、あまり資料は残っていないんでしょうね。

Dsc_00842

 城らしい土塁や空堀なんかもごく規模の小さいものがあるようであるが、城跡と言われても、そのように説明されないと「城址」だとは理解されないだろう。

 現在は柏市の子供たちの遊び場だったり、柏市民のバーベキュー場として親しまれているようで、ここが城跡だという説明版もないし、まあ、あまり市民自身たちもここが城跡だという意識はないようだ。

Dsc_00792

 ただし、公園の駐車場から柏市内方面を望むとこんな感じで、広々として柏市が望める。まあ、そんな感じでは確かに「城」というか「砦」としての役割は果たせたんだろう。でも「一戦もせずに開城」って、どうよ。

NIKON Df AF NIKKOR 35mm f2 D @Kashiwa ©tsunoken

« 京島②……なんだが | トップページ | 日野は新選組でもつ、新選組は日野でもつ(?) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66670716

この記事へのトラックバック一覧です: 「城址」はあるけど水戸街道「柏宿」はない:

« 京島②……なんだが | トップページ | 日野は新選組でもつ、新選組は日野でもつ(?) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?