フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 久々の逗子に来てみれば…… | トップページ | 「FUJIFILM Imaging Plaza」丸の内にオープン »

2018年5月 8日 (火)

FED 3がやってきた ヤア!ヤア!ヤア! トホホ

 別に「FED 3」がやってきたからって、ビートルズがやって来たっていうほどモノではないのだが。家人のある商品をAmazonでポチッとやったついでに「FED 3」もポチッとやってしまったのが、最初のAmazonのアナウンスでは5月3日~10日に届くというはずだったのが、思わず5月3日に届いてしまってビックリ! ってなことなんで、思わず「ヤア!ヤア!ヤア!」なんですね。別に意味はないけど。

Rimg00073

 FEDというのはコピーライカのソビエト連邦製カメラで、オリジナルFEDからFED 2のいろいろなバージョンがあり、FED 3になってもこれまたいろいろのバージョンがあり、っていう具合で如何にも偽ライカっていう感じのカメラである。

Rimg00123

 田中長徳氏の『ロシアカメラがむせぶ夜』をポチッってやったら、AmazonからやたらFED 2が「おすすめ」で来るんだが無視していたら、今度はFED 3が来たんで、思わずポチッしてしまったというわけ。

 FED 2まではフィルムの巻き上げがバルナック・ライカと同じ巻き上げ式だったんだが、FED 3になってレバー巻き上げになったという違いがあり、私のところに来たFED 3はどうもFED Type-bというもののようで、標準レンズが52mmという変な焦点距離のレンズが付いている。製造年度は1963年から1972年なので、ライカM 3の変化を見てあわててFEDもそれをまねをしたっていうところなのかもしれない。

 裏ブタはニコンFと同じように完全にボディーから外れるタイプなので、フィルムは装填しやすい。

Img0152

 で、製品同梱で来たフジカラー100/24枚撮りを装填して巣鴨は地蔵通りへテスト撮影。

Img0252

 一応、50mmの標準レンズに合わせているファインダーを覗くんだけれども、慣れないせいかピントの合わせ方がちょっと難しい。基本的に無限大にフォーカスリングを合わせてしまえば遠くの被写体にはピントが合うんだが、近景などには「慣れ」が必要かもしれない。

Img0012

 実はもっと大きな問題がフィルムを現像してみてわかってきた。

 参考までに上の3枚の写真を見てもらうとわかる通り、「光線漏れ」があるんですね。これは当然新しいカメラではありえない問題で、要はシャッター幕にピンホールがあるんですね。それも一か所や二か所じゃない。

 オールドカメラマニアなら喜んで「穴ふさぎ」をするところでしょうが、残念ながらあまりオールドカメラマニアでない私には「ちょっとねぇ」ってところ。しかし、この光線漏れの問題を除けば、あとは私のカメラに関する慣れの問題。まあ、浅草の早田カメラあたりに持ち込めば直してくれるだろうが、ここは私自身の作業、というかオールドカメラを手にした者ならば、自分自身で「穴ふさぎ」作業をするべきなんだろう。

 まあ、そういうのが好きな人がいることは知ってはいますがね。まさか、私がそれを行うとも知らずに、オールドカメラを手に入れてしまったということなんですね。

 これは精進せねば。

RICHO GRD III & FED3 INDUSTAR-61 52mm f2.8 @Sugamo ©tsunoken

 一緒にポチッした田中長徳氏の『ロシアカメラがむせぶ夜は』はゴールデンウィーク明けの5月7日に届いた。う~ん、カメラより先に来て、すこしお勉強をしようと思っていたんだがなあ。

『ロシアカメラがむせぶ夜は チョートクの赤色カメラ中毒者の作り方』(田中長徳著/グリーンアロー出版社/1999年12月刊)

« 久々の逗子に来てみれば…… | トップページ | 「FUJIFILM Imaging Plaza」丸の内にオープン »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66692262

この記事へのトラックバック一覧です: FED 3がやってきた ヤア!ヤア!ヤア! トホホ:

« 久々の逗子に来てみれば…… | トップページ | 「FUJIFILM Imaging Plaza」丸の内にオープン »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?