フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『新・日本の階級社会』で分析するだけじゃなくて、処方箋も欲しいなあ | トップページ | 『針穴のパリ』針穴写真機でとらえたパリの写真展 »

2018年4月27日 (金)

陽気な人々……って、誰のこと?

 ある日の浅草でのスナップ集。

 最近は浅草もマンションなんかが増えてきて、「浅草に住んでいる」人たちも多くなった。先年、北海道に里帰りした元同僚のK谷氏も以前は浅草の住民で、なかなか住み心地の良いマンションだったそうな。

Epsn00533

 でも、浅草に来る大半の人たちにとってみれば、やはり浅草は「ハレ」の場所であり、ハレの場所である以上は、多少のテンションの上昇がみられるはずである。

 こんな、雷門の門前でポーズを取っている結婚式直前のカップルなんかもいるし。

Epsn00503

 オクトパスという名前のデビルフィッシュに関するインタビューに目を白黒させている欧米人のカップルなんかもいる。

 まあ、人それぞれですね。

Epsn00603

 相変わらず、アジアからの観光客は団体旅行が多くて、個人旅行の多い欧米人とは異なるんだけれども、でも、基本的に「旅に出ている間は皆陽気」ってところは同じかもしれない。

Epsn00482

 まあ、それはそれでいつもの浅草風景なんだけれども、しかし、そんな浅草に何回来れば気が済むんだろう、っていうくらい浅草に来るのは私にとっては日常の風景、つまり「ケ」になってしまっているわけなんですね。

Epsn00562

 京都なんかと違って、昔の街並みを楽しむだけじゃなくて、現代の街づくりの面白さも味わえるっていうのが浅草の良さかもしれない。

Epsn00642

 そんな浅草に、今日もやってきてしまった……、ってわけですね。

 飽きもせず……、って要は一番陽気(暢気?)なのは私自身なのかもしれない。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Asakusa ©tsunoken

« 『新・日本の階級社会』で分析するだけじゃなくて、処方箋も欲しいなあ | トップページ | 『針穴のパリ』針穴写真機でとらえたパリの写真展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66646061

この記事へのトラックバック一覧です: 陽気な人々……って、誰のこと?:

« 『新・日本の階級社会』で分析するだけじゃなくて、処方箋も欲しいなあ | トップページ | 『針穴のパリ』針穴写真機でとらえたパリの写真展 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?