フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« キューポラのない街:川口点描 | トップページ | 東京周縁部を往く・ちょうマイナー柳瀬川史跡深訪 »

2018年4月17日 (火)

四谷「しんみち通り」今昔

 四谷しんみち通りというのは、JR四ツ谷駅四谷口を出ると目の前にある、たかだか100m位の短い道のことなんだが、そこだけ周囲とはあまり関係のない「飲み屋街」なのである。まあ、周囲にも飲み屋はあるんだけれども、飲み屋街ではない。

Epsn00102

 麹町や市ヶ谷方面にはあまりこんな飲食店街がない四谷周辺では数少ない飲み屋街。まあ、小型新橋とでも呼ぶような小さな横丁ではある。

Epsn00122

 ここに私が昔日本テレビの報道部でアルバイトをしていた頃によく行く店、当時は「スナック」なんて呼ばれている類の店なんだが、「酔族館」という店があった。

 一晩中、朝までやっていた店で、深夜1時頃に夜の最終ニュースと、朝のニュースの仕込みが終わった日テレのアルバイト学生たちがよく屯していたのであります。勿論、深夜帰宅なのでタクシーチケットは出るんだが、まあ、たまには飲みたい日もあるじゃないですか。社員の人たちの奢りでお酒を頂く夜もあったりしたんだが、その場合は麹町の日テレそばの飲み屋なんかで飲んでおり、そうじゃなくてアルバイト学生だけで飲みに行くときはだいたいこの「しんみち通り」に行くわけだった。というかそこしかなかったわけだ。

Epsn00112

 アルバイト学生同士で何を喋っていたのかは、今では全く思い出せない。仕事のやり方やバイト代なんかに対する不満を愚痴るなんてこともあったんだろうけれども、大半は多分他愛もないことをグダグダ、ヘロヘロ喋っていたんだろうなあ。

 まだ学生のくせに、ほとんどサラリーマンと同じような酒の飲み方をしていた訳でございます。いやいや、なんたる時間の無駄遣い!

 スナックなのでママやホステスなんかのお姉さんもいたんでしょうが、それについての思い出もない。ただ、「行って」「くだらないことを喋って」「朝の始発電車で家に帰った」記憶しかない。ウムム、なんという時間の無駄遣い……っていうよりは、なんたるお金の無駄遣い!

Epsn00202

 今から考えてみると、そのバイト代をしっかり貯めておけば、大学の卒業旅行で海外なんかにも確実に行けるはずだったろう。その位のバイト代はもらっていたはずだ。

Epsn00392

 他のバイトに比べれば決して高いバイト代ではなかったけれども、マスコミの最先端で働けるという充実感と、もしかしたらこれで就職の際のコネにもなるかもという思いで、皆仕事をしていたように思う。更に、それにかけて深夜バイトの一種なんで、お金を貯めようと思えばいくらでも貯まったはずなんだよなあ。

Epsn00452

 結局、オイルショックでもってテレビ局には就職できなかったけれども、まあそのバイト歴もあって出版社には就職できたし(多分)、その後、出版社の中で映像部門で仕事をするきっかけにはなったんだろうなあ。

 なあんてことを「カメラ買います。アローカメラ」と「我楽多屋」に四谷荒木町までいく道すがら思い出していたわけでございます。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER URTLA-WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Yotsuya ©tsunoken

« キューポラのない街:川口点描 | トップページ | 東京周縁部を往く・ちょうマイナー柳瀬川史跡深訪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66617506

この記事へのトラックバック一覧です: 四谷「しんみち通り」今昔:

« キューポラのない街:川口点描 | トップページ | 東京周縁部を往く・ちょうマイナー柳瀬川史跡深訪 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?