フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 山手線新駅が姿を現したぞ | トップページ | 『1968 新宿』 »

2018年3月17日 (土)

スタジオジブリのある町

 スタジオジブリのある町といえば、当然、東小金井なんだが、そういうことじゃなくて、以前何度かジブリに顔を出していた頃は、JR中央線の高架橋から見えていたと思っていたんだが、最近は周囲に家が建ってしまったせいか、電車の中からは確認できなくなってしまったので、再度、場所を確かめに行ってきた、っていうお話。

Epsn00152

 しかし、それはちょっとした思い違いで、ジブリは前のところにありました。って当たり前なんだけれどもね。

 以前、押井守作品を宮崎さんや鈴木敏夫さんがどうやってバックアップするか、なんてことが話題になっている頃のこと。勿論、鈴木さんが社長をやっていた頃だったんだが、何度も顔を出していた時期があった。でも、今日行ってみたら「Do Not Enter Unauthorized Person」って書いてあるので、ああそうか今日はauthorizeされた人物ではないのだなということで、中には入らなかった。

 まあ、鈴木さんももう覚えていないかな?

Epsn00362

 場所はJR中央線の東小金井駅の北口を出て西へ5分ほど行ったところ。東小金井駅自体が南口はまだしも、北口はまだまだ何にもない寂しい駅前だ。駅からは遠くないんだが、もう周りはこんな畑がいっぱいある。っていうか、この辺りは武蔵野の森と畑(丘陵地なので水田はない)だけだった場所だったんだけれども、戦後の都市開発でもって段々宅地化が進んで、現在は住宅がメインで、畑が一部混在している、いわゆる「武蔵野の田舎」という雰囲気になっている場所だ。

 まあ、如何にも宮崎さん好みの雰囲気の場所だな。私なんか、アニメスタジオっていうのは、もっともっとゴチャゴチャした町中にあるというのが普通だと考えているんですけれどもね。

Epsn00202

 なんて感じで周辺を歩いていたら、これまた如何にも宮さん好みの家が出てきた。

Epsn00422

 周囲の「普通の家」とは異なり、如何にも宮崎氏好みの貴族趣味っていうか、悪趣味っていうか、完全に周囲からは浮き上がってしまっている存在。ここは軽井沢か? ってな感じ。

 しかし、よく見れば「㈱二馬力専用ごみ箱」なんて書いてある(二馬力は宮崎駿氏の著作権管理会社)。

 な~んだ、ってわけですね。

Epsn00382

 しかし、吉祥寺のジブリ美術館と間違えてここにきてしまう人がいるんだろうか。

Img00114

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER ULTRA-WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Koganei ©tsunoken

« 山手線新駅が姿を現したぞ | トップページ | 『1968 新宿』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66503321

この記事へのトラックバック一覧です: スタジオジブリのある町:

« 山手線新駅が姿を現したぞ | トップページ | 『1968 新宿』 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?