フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東上線下赤塚から赤塚城址へ | トップページ | 心臓外科は卒業 »

2018年3月29日 (木)

高崎映画祭開催中!

 特に定期的な定点観測というほどではないのだけれども、年に数度は高崎に行く。まあ、上野や池袋から2時間ほどで着いてしまうので、ちょっとその気になれば行けてしまうというのもあって、行きやすいっていうのもある。

 前橋はそこから両毛線に乗り換えていかなければならない、っていうのがネックなんだなあ。で、もう前橋は完全に死んだ街になってしまっているし……。

Epsn00782

 今回行ってちょっとびっくりしたのは、東京方面から高崎駅に入る直前の左側にある高崎アリーナというスポーツをメインとした多目的イベントスペースと、高崎駅西口駅前にできた高崎オーパ(OPA)という、北関東最大(だそうだ)のファッションビルができているってこと。

Epsn00752

 もともと高崎の街は高崎市役所(元高崎城)や高崎駅ビル・モントレー、高崎高島屋など、旧中山道があった高崎駅の西側がメインとなって発展してきた町なんだが、近年、ヤマダ電機本店や本社が高崎駅東口駅前にできてからは、これからは高崎市は駅の東口がメインになるものと思われていた。

 こうなると東口対西口のイニシアティブ争いも一層激しくなってくるものとも思われるのだが、一方、車社会の進展とともに町中心部がどんどん寂しくなってしまってきている群馬県の都市の中で、これだけ町の中心部の再開発が進んでいる様子を見ると、いやいや、なかなか高崎も捨てたもんじゃないぞ、という気分にもなってくる。

Epsn00192

 ただし、そうは言っても街の中心は変わってきており、上の写真の「あら町」交差点がある旧中山道が昔の高崎のメインストリートだったんだが、そこからもう少し駅に近いほうにもう一つ大きな道路ができていて、そちらのほうにメインストリートの地位は奪われそうだ。

 ユニークな存在である「シネマテークたかさき」もそんな旧中山道に面してあるんだが、今後どうなるんだろう。

Epsn00262

 で、もう何年も前から寂れ始めていた、旧中山道の裏側にある「中央ぎんざ街」も、いまや風前の灯火で、ほとんどの店が閉店してしまっていたり、クラブなどの風俗店に変わってしまっている。

Epsn00312

 そのシャッター通りっぷりは前橋ほどではないけれども、まあ、そんなもので前橋と張り合っても意味はない。前橋はもうとにかくシャッター、シャッター、シャッター……なんだが、まだ高崎の方が風俗街にでもなりそうで、少しは期待が持てるってもんだ。

Epsn00362

 高崎映画祭は高崎市の自主上映グループを中心にNPOを立ち上げて開催している独立系映画祭で、上記のシネマテークたかさきをメイン会場にして、1987年に第1回を開催し今年で32回目になる。

 今年はエルネスト・チェ・ゲバラの実話に基づいた『エルネスト』をメインに開催中だ。

 公式サイトはコチラです。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER ULTRA-WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Takasaki ©tsunoken

 

« 東上線下赤塚から赤塚城址へ | トップページ | 心臓外科は卒業 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66544864

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎映画祭開催中!:

« 東上線下赤塚から赤塚城址へ | トップページ | 心臓外科は卒業 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?