フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 六義園枝垂れ桜はそろそろ見頃に | トップページ | ニュー新橋ビルがなくなっちゃうよ »

2018年3月20日 (火)

有楽町から散歩、銀座、築地、勝鬨へ

「銀座を散歩」という場合には二通りの方法がある。

Epsn01462

 ひとつはJR神田駅か東京駅で降りて、神田か京橋から中央通りを南へ行き、新橋まで行って、有楽町か東京駅まで戻ってくる、という「南←→北」パターン。

Epsn01412

 もう一つは、JR有楽町で降りて、晴海通りを銀座四丁目を越えて築地、勝鬨、月島までいって、そこから途中のどこかへ戻るか、あるいは門前仲町まで歩いて東京メトロ東西線で帰ってくるという「西←→東(途中→南へ左折)」パターン。

Epsn01342

 実は以前はどちらかというと二つ目のパターンで歩くことが多かった。何故かといえば、「中古カメラ店」である。

 銀座という街は、世界でも珍しいくらいの中古カメラ店が集積していた街だったのである。それがいつの間にか櫛の歯が抜けるように無くなってしまって、現在は有楽町から数えると、スキヤカメラニコンハウス、レモン社、清水カメラ、スキヤカメラ本店、カツミ堂、三共カメラの6店だけになってしまった。以前は、有楽町から歌舞伎座前までで現在の倍くらいのカメラ店があって、それらを覗いているだけでもかなりの時間潰しになったもんなんだが。築地万年橋のたもとでつい最近まで営業していたミヤマ商會も閉店してしまったしなあ。

 ちょっと前まで、まだ頑張って開いていた店も現在のようなデジカメ全盛になってしまうと、「中古カメラ」「ビンテージカメラ」という発想がなくなってしまい、世の中の大半の人が中古カメラに見向きもしなくなってしまった、っていう理由があるんだろう。

 カメラは以前は「耐久消費財」だったんだが、今や単なる消費財だもんなあ。

Epsn01232

 それはそれでしょうがないんだけれども、そうなると「銀座歩き」の楽しみの一つがなくなってしまい、勢い、「歩くことが目的」みたいな散歩になってしまうんだなあ。

Epsn01272

 なので、どんどん歩いて勝鬨交差点まで着くと左(南)へ方向転換、月島は月島仲通りか、清澄通りを通って、佃島、越中島を通って門前仲町に至るというコースになってしまい、それももう何度通ったことだろう。

 ちょっと飽きてきた。

Epsn01182

 新橋往復というのは、それ以前に飽きているので、それでも銀座の人通りの多さのおかげでまだ歩く気になるのだけれども、ねえ、築地以東の晴海通りと清澄通りはウィークデイにはそんなに人は歩いていないしなあ。

 それぞれ、全部歩くと1万歩コースなんで結構よいメルクマールになっていたんだが、もうちょっと別の「定番散歩コース」を作っておこう。

EPSPN R-D1s VOIGHTLANDER ULTRA-WIDE HELIAR 12mm f5.6 @Ginza Tsukiji ©tsunoken

« 六義園枝垂れ桜はそろそろ見頃に | トップページ | ニュー新橋ビルがなくなっちゃうよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66494140

この記事へのトラックバック一覧です: 有楽町から散歩、銀座、築地、勝鬨へ:

« 六義園枝垂れ桜はそろそろ見頃に | トップページ | ニュー新橋ビルがなくなっちゃうよ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?