フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「世界は君を、待っていない」って至言ですね | トップページ | 久しぶりに東北沢まで行ってみれば…… »

2018年2月17日 (土)

日銀トップ人事……って、やっぱり黒田さんなのかなあ

 う~ん、これでいいのかなあ?

Photo

 2月16日の日経夕刊の記事が日銀の黒田総裁の再任という記事だった。

『政府は16日午前、衆参両院の議院運営委員会理事会で、4月8日に任期満了となる日銀の黒田東彦総裁を再任する人事案を提示した。3月19日に任期満了となる中曽宏、岩田規久男両副総裁の後任には日銀の雨宮正佳理事と早大の若田部昌澄教授を充てる案も示した。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」を支えてきた大規模な金融緩和を維持して、デフレ脱却の実現を目指す。』

『雨宮氏は金融政策を立案する企画担当が長い。理事として黒田氏を支え、16年に導入した長短金利操作などの設計に関わった実績がある。若田部氏は積極的な金融緩和を訴える「リフレ派」とされる。英語が堪能で、米経済誌に連載を持つ国際派としての顔も持つ。 』

 という記事なんだが……。

『黒田氏は13年3月に就任し、同年4月に「2年で2%」の物価上昇を目標に掲げた「異次元の金融緩和」に着手した。14年の追加緩和や16年のマイナス金利政策の導入など積極的な緩和策を進めて、アベノミクスをけん引してきた。円安・株高や有効求人倍率の大幅な改善といった成果を生んでおり、首相も手腕を高く評価していた。』

 というアベノミクスなんだが、本当にそうなんだろうか。

 アベノミクスとは何か?

 アベノミクスは、下記の「三本の矢」を、経済成長を目的とした政策運営の柱に掲げている。     1、大胆な金融政策
2、機動的な財政政策
3、民間投資を喚起する成長戦略

個別の政策としては、それぞれの矢として下記などが提示、あるいは指摘されている。

1、大胆な金融政策
・2%のインフレ目標
・無制限の量的緩和
・円高の是正と、そのための円流動化
・日本銀行法改正

2、機動的な財政政策
・大規模な公共投資(国土強靱化)
・日本銀行の買いオペレーションを通じた建設国債の買い入れ・長期保有、ただし国債そのものは流動化

3、民間投資を喚起する成長戦略
・「健康長寿社会」から創造される成長産業
・全員参加の成長戦略
・世界に勝てる若者
・女性が輝く日本

 ということなんだが、実現しているのは「大胆な金融政策=無制限の量的緩和」である「マイナス金利」くらいのもので、その結果として「2年で2%」の物価上昇は実現していないし「機動的な財政政策」に関しては「円高の是正」はできていないし、「民間投資を喚起する成長戦略」なんてまるで絵に描いた餅でしかない。

 まあ、日銀にできるのは金融政策だけなので、2や3については黒田氏の責任ではないが、いずれにせよ安倍晋三氏のアベノミクスは、実質的に失敗に終わっているとしか言いようがない。

『米国や欧州の中央銀行はすでに金融緩和の正常化や金利引き上げに動いている。大規模金融緩和を続ける日銀が、新執行部の5年の任期のなかでどのような出口戦略を描いていくかが問われることになる。16年に導入したマイナス金利政策が銀行や生命保険会社の収益を圧迫するなど、金融緩和の副作用への懸念も強まっていた。』

 というのが実情だ。

「大胆な金融政策」でもってマイナス金利になってしまい銀行の収益を圧迫、その結果として地方銀行が合併の話が出てくると、「地域独占はマズい」といって公正取引委員会が出しゃばってくるっていう構図はどうにかならないものか。つまりは、それって地銀は勝手に潰れろって言っているのと同じなんだけれどもなあ。

 アベノミクスの結果、企業収益が上がったとはいっても、それを従業員に還元しないで、企業の内部留保をどんどん貯めこんでいる状況では、決して「2%のインフレ」は実現せずに、相変わらずのデフレ経済に陥った日本経済は生き返らないのだ。

 アベノミクスの失敗の責任を黒田総裁一人に負わせることはあってはならないことではあるが、しかし、黒田氏の「大胆な金融政策」が日本経済を生き返らせることにはならなかった、という部分では、黒田氏もアベノミクス失敗の責任の一部を負わなければならないのは明白である。

 それでもまだ黒田氏の指導下でもって日銀を続けるっていうことは、安倍晋三氏は本当に自分の経済政策が当たっていると思っているんだろうか。少なくとも、現状の日本経済社会をみてアベノミクスが当たっていると考えている以上は、安倍晋三氏の経済オンチぶりだけは健在っていうことだろう。

 半ば冗談だと思うのだが、一部にジャネット・ルィーズ・イエレン元FRB議長に日銀総裁を務めてもらったらどうだろうかという話があった。

 まあ、そんな冗談も出てしまうくらい、今の日本経済はもうぐちゃぐちゃ状態になっている。といって、民進党や立憲民主党あたりの人材じゃなあ、っていうくらい日本の政治家も使えないしなあ。

 あ、それはアメリカも同じか。

 まあ、安倍晋三氏とドナルド・トランプ氏の気が合うわけなんだな。

Dsc_00232

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f2.8 D @Kayabacho ©tsunoken

« 「世界は君を、待っていない」って至言ですね | トップページ | 久しぶりに東北沢まで行ってみれば…… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66400262

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀トップ人事……って、やっぱり黒田さんなのかなあ:

« 「世界は君を、待っていない」って至言ですね | トップページ | 久しぶりに東北沢まで行ってみれば…… »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?