フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 北陸新幹線の開業は石川県には資しているが…… | トップページ | 超広角レンズで見た東京の下町 »

2018年2月23日 (金)

昨日から「中古カメラ市」開催

 銀座の松屋で毎年恒例の「世界のカメラ市」が始まった。3月1日からは横浜で「CP+」も始まるし、いよいよ「カメラの春」がやってきた。これはイカネバの娘(古っ!)だ。

 あ、その前に確定申告を忘れずに。国税庁長官が森友学園への国有地売却問題に関して国会で虚偽答弁をしていた佐川宣寿氏だからっていっても、それとこれとは別だからね。

Photo

「世界の中古カメラ市」は一般の人にとっては趣味の世界なんだろう。基本的にフィルムカメラ全盛のその世界なんだが、私にとっては結構実用的なカメラおよびカメラ関係品の入手経路だったりする。

Dsc_00102

 今回の私のテーマはフォクトレンダーの10、12、15mmなどの超広角レンズなのであります。要は最近よく使っているデジタルのエプソンR-D1s用、フルサイズ21mm以上の広角レンズを探しているんだが、メーカーのコシナでは製造中止になっているので、中古カメラ屋さんか中古市じゃないと探せない。

 このジェイダブリューというカメラ屋さんにフォクトレンダー21mm f4Lの出品があったんだけれども、それは既に持っているレンズだし、APS-CのエプソンR-D1sだと21mmレンズはフルサイズ換算すると32mmになってしまうので、10mmか12mmのレンズはないかと思って探したんだけれども、会場をすべて回ってみてもそれは見つからなかった。

Dsc_00162

 まあ、いいさ。ジェイダブリューというお店には行ったことがなかったので、一度お店に見に行ってみようかな、あるいは横浜野毛の大貫カメラ店にもう一度行ってみようかな、なんて考えている。

 ああ、駒込の「カメラのハヤシ商事」も出店している……、っていうかこの「カメラのハヤシ商事」、実は一昨日からお店を休んでいて、その理由がこのカメラ市出店のためっていうのを知って、それで「今年もカメラ市が始まるんだ」ってわかったっていう具合。

Dsc_00132

 写真家田村彰英氏が主宰する東京銀塩写真クラブの作品展も併催しています。まさに「中古カメラ市」ならではですね。これがCP+だと、当然メーカー主導なのでデジタルカメラになっちゃうわけです。

Dsc_00072

 こうした中古カメラ市なんかでも、最近は若い人にもクラシックカメラへの興味が増えてきたみたいで、若い人の来場も増えてきている。

 一度、ご来場を。

 クラシックカメラ・ウィルス(ライカ・ウィルスとも言う)に罹患すること間違いありませんぞ。

第40回 世界のカメラ市は2月27日まで、銀座松屋8階イベントスクエアにて開催中。

公式サイトはコチラ

« 北陸新幹線の開業は石川県には資しているが…… | トップページ | 超広角レンズで見た東京の下町 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66420595

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日から「中古カメラ市」開催:

« 北陸新幹線の開業は石川県には資しているが…… | トップページ | 超広角レンズで見た東京の下町 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?