フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« ウィリアム・クラインと過剰なる映像 | トップページ | 豊島区西池袋・谷端川……私が経験している「戦後」 »

2018年2月27日 (火)

フォクトレンダー ウルトラ ワイドヘリアー 12mm レンズテスト

 中国では習近平共産党主席が三選できるように憲法改正するそうで、それじゃあ独裁体制になってしまうわけで、なんだ、それじゃあ北朝鮮と同じじゃないか。習には一人娘がいるそうだが、彼女の夫かなんかが跡継ぎになんぞなってしまったら、完璧に北朝鮮だな。

 やっぱり、中国と北朝鮮っていうのは同根なのね。

96958a9f889de0e5e1e5e4e3e2e2e0e7e2e

 なんてこととは関係なく、以前から言っていた通り、手持ちのデジタル・レンジファインダー・カメラ、EPSON R-D1sは受光素子がAPS-Cサイズなので、使っていたVOIGHTLANDER COLOR-SCOPAR 21mm f4だと、フルサイズ換算で32mmになってしまっていて超広角レンズ効果がうまくいかないので、それより広角のレンズを探していたんだが、結局、同じVOIGHTLANDERのULTRA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 ASFERICALⅡが手に入ったので、早速、レンズテストに出かけたっていうわけ。

 今日は2.26事件から82年目っていうネタを振ろうと思っていたんだけれども、それはなし。

 それにしてもAmazonからは「2/27~3/1のお届け」という連絡だったので、まあ、来てからテストを考えようと思っていたら、なんと昨日(2/26)のそれも午前9時以前に届いてしまい、早速、それを持ち出して、巣鴨は地蔵通りやら旧中山道にレンズテストに行ってきたのだった。いやあ、Amazon恐るべしですな。

Epsn00082

 しかしまあ、12mmレンズって言ったら、学生時代に使っていたボレックスの16mmシネカメラが広角16mm、標準25mm、望遠50mmだったので、16mmシネカメラでも12mmといったら広角レンズの範囲だ。まあ、35mmスチールカメラで言ったら超・超広角レンズといってもよい位のレンズだ。これを35mmフルサイズのカメラに装着したら……、ってのが楽しみですね。

Epsn00402

 12mmレンズと言ってしまえば、ほとんどフォーカスを合わせる必要のないパン・フォーカスレンズである。合わせる必要があるのは、こうした数十センチ位に近づく近接撮影くらいのもの。あとはほとんどの被写体は無限大に合わせておけばピントはOKである。

Epsn00352

 周辺光量の落ちも気になったんだが、それは絞りを開放f5.6にした場合の話で、f11以上に設定してしまえばほとんど気にならない。仮にそれがあっても、まあ、レンズの味ですね。

Epsn00672

 問題はやっぱり35mmフルサイズではどうなのかってこと。そのために近々のうちにライカM6に装着してレンズテストをしてみるつもり。

 なあんてやってる間にどんどん時間が過ぎて、本を読んでいる時間が取られてしまっている。現在は下の3冊(「バブル入社組の憂鬱」「炎と怒り」「定年バカ」って、なんだこの一貫性のなさは!)を併読しているんだが、う~ん、時間が足らんなあ。

EPSON R-D1s VOIGHTLANDER ULTRA WIDE-HELIAR 12mm f5.6 ASPHERICALⅡ @Sugamo & Takinogawa ©tsunoken

« ウィリアム・クラインと過剰なる映像 | トップページ | 豊島区西池袋・谷端川……私が経験している「戦後」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66436376

この記事へのトラックバック一覧です: フォクトレンダー ウルトラ ワイドヘリアー 12mm レンズテスト:

« ウィリアム・クラインと過剰なる映像 | トップページ | 豊島区西池袋・谷端川……私が経験している「戦後」 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?