フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 越谷市レイクタウン……って? | トップページ | 渋谷グラフィティ »

2018年1月30日 (火)

銀座の四分の一

 銀座を晴海通りで南北に分けて、中央通り(銀座通り)から昭和通りと中央通りから外堀通りの四ヶ所に分ける。

Epsn00332

 晴海通りから北、中央通りから昭和通りという、銀座の北東側にあたる場所には何故か古美術商、骨董屋さん、美術ギャラリーが多く集まっている。

Epsn00372

 まあ、南西側にはバーやクラブばっかりで、典型的ないわゆる「盛り場の銀座」。南東側や北西側は、老舗が多く集まる場所。勿論、古美術商なども老舗には違いないんだけれども、なんか雰囲気が違うんだなあ。

Epsn00382

 美術ギャラリーが多いというのも、結局は古美術商や骨董屋さんが多いという街の流れなんだろうけれども。いわゆる「銀座」と皆さんは一括りにするけれども、表通りの中央通り以外の銀座って、結構、場所によっていろいろな顔を見せる街なのである。

Epsn00392

 それらの古美術商や骨董屋さんなんかも、昔は他の老舗筋と一緒の類の店だったんだろう。それがいつの間にか銀座一・二丁目の昭和通り側だけなんか取り残された感じで、集中して残っているのである。

 なんか、銀座の進歩に取り残された街、みたいなもんである。

Epsn00412

 実は私が学生の頃、16mmのフィルムを買ったり、現像に出したりしていた銀座サクラヤという映画機材屋さんもここ銀座二丁目に今でもある。8mmと違って16mmフィルムは基本的にプロ・ユースの機材なんで、普通に素人がフィルム屋さんでフィルムを購入したり、直接ラボに現像に出したりっていうのはできなかったんだ。

 京橋にある東京近代美術館フィルムセンターといい、この銀座サクラヤといい、同時に昔は銀座にいっぱいあった中古カメラ店といい、う~ん、銀座には随分お世話になっているなあ。

Epsn00312

EPSON R-D1s Leiz Canada Summicron 35mm f2 @Ginza ©tsunoken

« 越谷市レイクタウン……って? | トップページ | 渋谷グラフィティ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66336070

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座の四分の一:

« 越谷市レイクタウン……って? | トップページ | 渋谷グラフィティ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?