フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« tsunokenのリハビリ日記:何もないまま御徒町、浅草 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:本郷通りで1万歩 »

2017年12月 4日 (月)

tsunokenのリハビリ日記:厳島神社は弁天様?

 武蔵小山の駅で降りると、普段はパルム商店街を東に中原街道、戸越銀座方面へ向かって歩くんだが。昨日は南下して、つまり東急目黒線に沿って(と言ってもこの地域は地下化しているのですが)西小山・洗足方面へ歩き始める。

Dsc_00352

 駅の近くこそさすがに武蔵小山商店街だけあって大きなアーケードが続くのであるが、すぐにアーケードもない普通の商店街になって、その商店街も西小山が近づくと住宅街になってしまう。

Dsc_00012

 住宅街を少し行くと……

Dsc_00092

 何やらそんな住宅街の一角に森のような場所が出てくる。

Dsc_00342

 角を曲がると「弁天神社」の文字があって、中へ入ると弁天橋があって(つまり池があって)それを渡ると、「厳島神社」という扁額が据えられている。

Dsc_00362

 ふーん、厳島神社か……、なんて考えていたんだが、あれっ? 表には「弁天神社」って書いてあるじゃん。何で?

Dsc_00422

 スサノオとアマテラスの三女が市杵島姫命(イチキシマヒメ)と言って、後の時代の神仏習合においては本地垂迹では弁才天に比定され、同神とされた、というもので、広島の厳島神社にも祭られているらしい。う~ん、行ったことないもんで、分からないなあ。

Dsc_00442

 ふ~ん、そういうこともあるんだって感心したんだが、普通の弁天様って池の真ん中の島にあるんだが、ここは島じゃなくて対岸になっちゃうんだなあ。神社の社の裏は隣と地続きになっている。

 う~ん、こういうこともあるんだ……って時点で6,000歩。こちらも結構難しいもんだ。

NIKON Df AF Nikkor 28mm f2.8 @Koyama Shinagawa ©tsunoken

« tsunokenのリハビリ日記:何もないまま御徒町、浅草 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:本郷通りで1万歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66118421

この記事へのトラックバック一覧です: tsunokenのリハビリ日記:厳島神社は弁天様?:

« tsunokenのリハビリ日記:何もないまま御徒町、浅草 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:本郷通りで1万歩 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?