フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 実はユージン・スミスは、あまり好きなフォトグラファーではない | トップページ | 『江戸前 通の歳時記』う~ん、イキなもんですねえ。 »

2017年12月19日 (火)

銀座のチンクェチェント

「な~んて言って、実は開催日を間違えて銀座に写真展を見に行ってしまったということをごまかしているんです」って書いたのが12月15日。

 昨日はちゃんと調べて行ってきました「La 500 : piccola grandiosa Fiat 500 生誕60周年記念 加納 満 写真展」へ。

Dsc_00082

 フィアットの500(イタリア語で「チンクェチェント」と言う)は、元々は1936年に製造開始された初代モデルがあってそれはトポリーノという愛称で呼ばれた。で、今回の写真展のきっかけとなったチンクェチェントは二代目モデルの愛称で、1957年に発表されたFIAT NUOVA 500のことである。現行モデルではない。

Dsc_00092

 日本では「ルパン三世」の愛車として有名で、『当初ルパンはメルセデス・ベンツSSKに乗っていたものの、設定変更や作画の都合から当時の作画監督であった大塚康生の愛車でもあった同車が選定され、初期シリーズ後半以降は頻繁に登場するようになった。特に有名なのは劇場版「カリオストロの城」で登場するクリームイエローの個体で、現行の500では日本国内限定で同色を模した特別仕様車がたびたび登場するなど、「ルパン三世」が本車の認知に影響していることが垣間見える』(Wikipedia)

Dsc_00122

『1957年に発表されたイタリアの小さな名車『フィアット500』の60周年だった今年を締めくくる写真展を開催する。タイトルは「小さくて偉大な500」という意味だ。
 イタリアの自動車メーカーであるフィアットが作った500という小型車は、その優れたエンジニアリングとパッケージ、可愛らしいデザインと低価格でイタリアの戦後モータリゼーションと高度経済成長期をベースから支えたクルマである。その人気はイタリアにとどまらず世界中にファンを持ち、日本でも人気アニメの主人公の愛車として登場しており、人種や世代を問わず幅広く愛されている。
 展示される作品はすべてイタリアで撮影されており、大小様々な街で500のある日常風景がとらえられている。そこからはイタリア人たちの人生も垣間見えるだろう。彼らの多くは500で運転を学び、500で青春を駆け回り、500で家族を作り守ってきたのであり、500とはまさにイタリアの国民的自動車なのである』

 というのが本写真展の主旨。確かに、日本の町で見るチンクェチェントも可愛いけれども、やっぱりイタリアの町で、それも結構狭い道を右往左往する姿にはシビれる。

Dsc_00112

 でも、そんなチンクェチェントもアバルトの手にかかると、とんでもないレーサーになってしまう。オーバーヒートを防ぐため、リアエンジンのカバーを開けたままにして固定されたチンクェチェントがちょこまかちょこまか走る姿もなかなかチャーミングではある。ただし、日本で私たちが見ているフィアット・アバルト仕様は基本「なんちゃって」なんですけれどもね。

Dsc_00102

 で、写真展が開催されているBacement GINZAってのがどこかっていうと、銀座三丁目にあるPloom Shop銀座店っていう、JTのショールームの地下だったんですね。最初、ちょっとうろたえます。

Dsc_00172

写真展『La 500 : piccola grandiosa』は12月29日まで。

開催概要はコチラ

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Ginza Chuo ©tsunoken

« 実はユージン・スミスは、あまり好きなフォトグラファーではない | トップページ | 『江戸前 通の歳時記』う~ん、イキなもんですねえ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66173348

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のチンクェチェント:

« 実はユージン・スミスは、あまり好きなフォトグラファーではない | トップページ | 『江戸前 通の歳時記』う~ん、イキなもんですねえ。 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?