フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 深川・昨日の富岡八幡宮 | トップページ | モノクロ写真は楽しい »

2017年12月14日 (木)

阿佐ヶ谷アニメストリートの今

 2014年6月9日のブログでオープンしたばっかりの阿佐ヶ谷アニメストリートについて、若干の希望を込めて書いたんだが、その後、どうなったのかが気になっていた。

Dsc_00112

 以前のブログでは以下の通り書かせてもらった。

『で、今年3月29日にオープンした「阿佐ヶ谷アニメストリート」はなんとか応援したいんだけれども、どうも、直接的にアニメと関連のあるショップがないんだなあ。これじゃアニメーターも来ないよなあ。という気分にさせられてしまうのだ。
 街のコンセプトとしては
『阿佐ヶ谷駅のある杉並区は以前からアニメ制作会社が多い都内有数の“アニメを生む街”。
 この阿佐ヶ谷でアニメの作り手とアニメファンであるユーザーが交流できるスポット「阿佐ヶ谷アニメストリート」が誕生しました。
 作る人と観る人が集える場所として新たな交流を生み、新人クリエイターの創出に繋がる新しい施設です。
 次世代の担い手が求められているアニメ業界の更なる活力のきっかけとして、高架下がまたひとつ生まれ変わります』
 というのだが、なんか「商売主導」「行政主導」で作られた街は、やはりそれだけでしかなく、本当にアニメーターが来たくなるような街にしないと、それを取り巻く人たちも来ないような街になってしまうような気がする。
 もう、一工夫必要だな。』

Dsc_00132

 その辺の危惧は当たったようで、閉店している店もあるようだし、閉店までしていなくても開店時間を減らして営業している店もかなりあるようだ。

Dsc_00142

 まあ、マッドハウスも今や阿佐ヶ谷にはないし、それ以外の小さなアニメ制作会社も次第にもっと郊外の近隣都市に移ってしまっている。

Dsc_00162

 阿佐ヶ谷をアニメタウン化して集客に結びつけようという杉並区の考え方は分からないでもないが、だったらもっと産業としてのアニメ会社を振興する策を行政として講じなければならないだろう。

Dsc_00172

 なんか、今のままだと他の町でもよくあるような、たまたまアニメブームがあったから、それに乗って振興策を講じたのはいいけれども、結局、ブームが終わっちゃうともうおしまい、っていうこれまでいろいろの町がやってきた失敗の上塗りだけになってしまいそうだな。

Dsc_00182

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Asagaya Suginami ©tsunoken

« 深川・昨日の富岡八幡宮 | トップページ | モノクロ写真は楽しい »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66155037

この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷アニメストリートの今:

« 深川・昨日の富岡八幡宮 | トップページ | モノクロ写真は楽しい »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?