フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 犬を連れて歩く婦人 | トップページ | そして浦和へ »

2017年12月28日 (木)

『首都圏格差』って…、もうちょっと食傷気味

 多分、『東京は世界1バブル化する!』(浅井隆+DKTリアルエステート著/第二海援隊/2014年8月12日刊)という本に、私が今住んでいるマンションの写真が掲載されているというので、買って読んだのがきっかけなのかもしれない。その後、自分の家がある文京区ってどんな感じなんだろうかという興味から、東京のいろいろな場所の地価動向・地価格差についての本はかなり読んだんだが、もうすでに食傷気味になっている。

 で、そのついでに『首都圏格差』なんだが、もうちょっとこのテの本には飽きた、多分、この本がその最後になるだろう。しばらくは、地価などに関する本については触れないでいこう。

Photo 『首都圏格差 1都3県・主要都市の本当の実力』(首都圏生活研究会著/メディアソフト/2017年8月15日刊)

 まあ、首都圏全体を総記している第1章については特別なことはない。「人口格差」「教育格差」「治安格差」所得格差」「健康・医療格差」などについて、首都圏の各都県及び自治体について書いてあるんだが、まあ、予想通りっていうか、「まあ、そうだよな」ってなことが書いてあるので、ここでは第2章以下の地区ごとに分かれた部分を紹介してみよう。

第2章:東京(山手線圏外)
 「住みたい街」として評判な街の本当の姿 吉祥寺
 タワーマンションが林立する再開発地 豊洲
 プチセレブが闊歩する新興高級住宅地 二子玉川
 人口爆発に悩む「オタクの聖地」 中野
 どっしり落ち着いた住宅地 荻窪
 米軍から勝ち取った土地を利用して発展! 立川
 大型施設の出店ラッシュで絶好調だけど…… 八王子
 ちょっとコワいイメージは払拭できない!? 町田
 抜群の都心アクセスと超充実の商店街 赤羽
 東西駅前の大開発が見せた底力 北千住
 変貌を遂げ注目度上昇中の下町 蒲田

第3章:神奈川
 巨大都市の間で時代とともに変化する街 川崎
 タワーマンション乱立の憧れの街 武蔵小杉
 丘陵を境界線とした「超」が付くほどの格差地域 横浜・山手
 終の棲家の青葉区と一過性の都筑区
 横浜・北部 たまプラーザ・あざみ野・青葉台
 一大ベッドタウンを有する港南区と昔ながらの南区
 横浜・南部 上大岡・港南台
 何もなかった田園地帯が平成になって大変貌! 海老名
 都心へのアクセス抜群の巨大ベッドタウン都市 相模原
 住みたい街にも支持される超人気観光地 鎌倉
 積極的に街づくりを進める湘南の拠点 藤沢

第4章:千葉
 暮らしやすさの面で完成度が高い街 船橋
 「デイズニーリゾートの城下町」の異名を持つ 浦安
 緑地を保全する新しい21世紀型のベッドタウン 流山
 東京に隣接している隣町感覚の下町が発展 松戸
 人口が安定して増え続けるニューファミリー向け都市 柏
 市川駅・本八幡駅の再開発で元気に! 市川
 文教都市として評価されファミリー層の人口増加 習志野
 千葉ニュータウン中央駅に集約される町 印西
 国際空港を擁し、経済・産業構造が大発展 成田
 昔ながらの街並みから最先端のベイシティまで 千葉
 バブル崩壊で低迷もアクアライン効果で復活 木更津

第5章:埼玉
 浦和の街はブランド小学校と高級住宅地でもつ!? 浦和
 関東圏で最上級に路線充実する大宮駅のお膝元 大宮
 浦和と大宮の真ん中という意味では「中央」だけど!? さいたま 中央区周辺
 一級の観光地ながら生活の利便性も備えた街 川越
 東京の大ベッドタウンにして西武の拠点 所沢
 何でも揃う巨大モールから激安店まで! 越谷
 ブルーカラーの街から小綺麗なファミリーの街に 川口
 利便性が広く浸透していない東武の穴場 草加
 ファミリーが注目するエリア 上尾
 ベッドタウンというより地方都市然とした人気アニメの聖地 春日部
 車があれば日常生活は快適! 熊谷

 うーん、なんかなあ、このサブタイトルを見ただけで、ほとんどどんなことが書いてあるのかが分かってしまうっていう、っていうのがスゴいでしょ。

 まあ、それだけこれまで出版されたいろいろな街を取り上げた「地域本」「地域格差本」「沿線格差本」などがあるっていうことなんだよな。そのかなりの数を読んできてしまうと、なんか既に何が書いてあるかが事前に分かってしまって、新たに「よーし、この本を読み倒してしまおう」っていう気分にならないんだよなあ。

 なので、今回は本書を紹介しただけで、特に内容には触れない。というか、これまで私が紹介してきた「地域本」を読んでれば、この目次を見ただけで既に何が書いてあるかが分かってしまうのである。

 なんか、面白くないなあ。

 まあ、それだけのこと。

『首都圏格差 1都3県・主要都市の本当の実力』(首都圏生活研究会著/メディアソフト/2017年8月15日刊)

« 犬を連れて歩く婦人 | トップページ | そして浦和へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66197772

この記事へのトラックバック一覧です: 『首都圏格差』って…、もうちょっと食傷気味:

« 犬を連れて歩く婦人 | トップページ | そして浦和へ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?