フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« tsunokenのリハビリ日記:逆光 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:手術後26日目は黒門町の師匠をたずねて »

2017年11月25日 (土)

tsunokenのリハビリ日記:手術25日目はお地蔵様の縁日

 昨日、11月24日は巣鴨のとげぬき地蔵尊(曹洞宗萬頂山高岩寺)の「縁日」であります。毎月、4の付く、4日、14日、24日がとげぬき地蔵の縁日で、実はお寺の方ではいろいろな供養などが行われているんだろうが、私は知らない。

 まあ、知らなくても多分この縁日の日にお参りをすると、普段お参りをするよりご利益が多いってなもんで、普段でも「お婆ちゃんの原宿」である地蔵通り商店街は、まさしく「お婆ちゃんの竹下通り」状態になってしまうのだ。

R11986862

「縁日」なので、当然いろいろな屋台が繰り出してきて出店している。

R11986802_2

 地蔵通り商店街の巣鴨寄りの入口のそば、真言宗豊山派醫王山東光院眞性寺(江戸六地蔵尊のひとつ)までは、食べ物屋さんの屋台が多く出ているんだが、その大半は焼きそばとかお好み焼きなんかのジャンク・フードばっかりだ。お婆ちゃんたちがそんなジャンクなものを食べるのかと思ったら、むしろお婆ちゃんたちよりは子どもたちが食べていて、まあ、それはそれなりで納得。

R11986882

 お地蔵さまから都電の庚申塚駅方面へ行くと、こんな骨董品や世田谷のボロ市みたいな古着屋さんが増えてくる。

 で、どうなのよって見ていると、やっぱりお婆ちゃんたちはこうした屋台は覗くけれども、まあ、ほとんど買わないんですね。そりゃそうだよね、自分ちでいらなくなったものをこうやって古着や骨董で出すわけだから、そんなもの買ったからと言って、結局、家のゴミになるだけだものね。

 てことで、じゃあお婆ちゃんたちは何が目的で、わざわざ混んでいる縁日の日にお地蔵さまにやってくるのか。勿論、最初に書いたように縁日にお参りすればご利益が多くなるってのはあるんだろうけれども、じゃあ、お婆ちゃんたちのすべてが高岩寺に参詣に行くのかどうかみていると、う~ん、そうじゃない人が結構多いんだなあこれが。

 考えてみると、やっぱり普段は一人暮らしをしているお婆ちゃんたちは、たまの縁日くらいは人ごみに出かけたいってだけの理由で、とげぬき地蔵にやってくるんだろうか。

 で、とげぬき地蔵にやってきてお婆ちゃんたちは、その後、都バスで浅草寿町まで行って、観音様に詣でるんだなあ。

 なんだ、やっぱり人ごみが好きなだけなのか。

RICHO GRDⅡ @Jizo Tori Sugamo ©tsunoken

« tsunokenのリハビリ日記:逆光 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:手術後26日目は黒門町の師匠をたずねて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66081215

この記事へのトラックバック一覧です: tsunokenのリハビリ日記:手術25日目はお地蔵様の縁日:

« tsunokenのリハビリ日記:逆光 | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:手術後26日目は黒門町の師匠をたずねて »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?