フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 退院1日目は、ご近所徘徊から | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:逆光 »

2017年11月23日 (木)

tsunokenのリハビリ日記:ギャラリーバウハウスに「WEIN CT70」を見にいく

 手術からのリハビリテーションとして毎日歩いている。「1日1万歩」には、まだまだもどらないが、まあ、少しづつ近づいていけばいいか。ということなので、しばらくは「tsunokenのリハビリ日記」として書くことにする。

 ということで、神田明神そばのギャラリーバウハウスでお馴染みの田中長徳写真展が「WEIN CT70」と題して、昨日から始まったので見に行った。今回の展示会は長丁場で来年の2月17日までの開催だ。

Dsc_00202_2

 写真展タイトルにはあまり意味はなくて、WEINというのは田中氏が長年在住していた、ある意味での「第二の故郷」みたいな場所である。

Dsc_00242

「CT70」というのも、これまた大した意味はなく「チョウトク・タナカ 70歳」というだけの意味。まあ、その位「写真展のタイトル」なんてものには意味がないということなのかもしれない。

Dsc_00222

 ウィーンに住んでいた1973年頃のデスペレートな(気持ちで撮った)街の写真と、2016年に何回目かの訪問で撮影した、ある意味での「観光客の写真」が、そこには並んでいる。

Dsc_00232_3

「観光客の写真」というのは別に揶揄したわけでも何でもない。そこに住んでいる人たちが撮った写真じゃないっていうだけで、それ以上の意味はない。でも、その撮影の過程には天と地の違いがある。いつも見慣れた風景も、そこに住んでいる人が「いつも見慣れた風景」と、在住者でないものが「(たまたま、そこにいる間に)慣れ親しんだ風景」では異なるという、ことなのだ。

 その異なっているようで同じ写真、同じようで異なっている写真を見比べてみようじゃないか、というのが本写真展の主旨なのである。

Chotokuct70

「田中長徳写真展 WEIN CT70」は2017年11月22日から2018年2月17日まで開催中。
12月9日、1月20日には田中長徳氏によるギャラリートークがあります。
ギャラリーバウハウスの公式サイトはコチラ

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Kanda ©tsunoken

« 退院1日目は、ご近所徘徊から | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:逆光 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66072784

この記事へのトラックバック一覧です: tsunokenのリハビリ日記:ギャラリーバウハウスに「WEIN CT70」を見にいく:

« 退院1日目は、ご近所徘徊から | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:逆光 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?