フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 日本医大より、生還! | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:ギャラリーバウハウスに「WEIN CT70」を見にいく »

2017年11月22日 (水)

退院1日目は、ご近所徘徊から

 退院して1日目は、医師の「たくさん歩きなさい」という言葉にノせられたわけではないが、自宅から巣鴨地蔵通りを通って、明治通り掘割まで歩いた。まあ、入院以前に歩いていた距離と比べると、「ホンのお散歩」程度ですけれどもね。

 快晴の一日でありました。

Dsc_00082_2

 こういう日差しの強い日に「絞り優先モード」(私のデフォルト撮影モード)で撮っていると、メインの被写体を「明るい方」に選ぶか「暗い方」に選ぶかで、大いに写真の効果が変わってくる。

 基本的には「ハイコントラスト」の効果の写真になるわけで、「明るい方」を選べば暗い部分はベタッとした「黒」になるし、「暗い方」を選べば、明るい部分は「白トビ」した雰囲気の写真になるわけです。

Dsc_00112_2

 実は(私も含めて)モノクロ写真好きの連中は、結構このハイコントラストの写真が好きで、「森山大道風だっ!」なんて、アホなことを考えながら写真を撮っていたりする。

 カメラもカメラで、今私が使っている「大ニコン様がマニア用に作った」ニコンDfだと、メニューの中に「ピクチャーコントロール」というのがあって、勿論、その選択肢には「モノクローム」があるし、モノクロームを選ぶと「輪郭協調」「コントラスト」なんかを好きなようにコントロールできるようになっているんですね。

Dsc_00142_2

 で、みんな最初は「モノクローム」を選んで、「輪郭協調」を少し強め、「コントラスト」をメチャメチャ上げて「森山大道調」を装って面白がったりしているんですね。

 ニコンカレッジの講師に褒められたことがあって、つまりそれは皆、浅草の写真をカラーで撮っていたんだけれども、私だけモノクロで撮影、でもそんなにコントラストは強調している写真じゃなかったってことなんだ。で、褒められた理由が「普通モノクロモードで撮っている人はコントラストをやたら強めにしている人が多いのですが、tsunokenさんはそうじゃないところが、いいです」ってもんだからねえ。

Dsc_00232_2

 いやいや、これは冷や汗もの……、実はこの時の撮影実習(2年位前)の直前まで、私の写真は「森山大道風」だったのだ。写真講座を受けるにあたって、設定をノーマルに戻したばっかりのことなのでありました。

 なあんてことを思い出した、今日の巣鴨地蔵通りではありました。

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Jizotori Sugamo ©tsunoken

« 日本医大より、生還! | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:ギャラリーバウハウスに「WEIN CT70」を見にいく »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/66070597

この記事へのトラックバック一覧です: 退院1日目は、ご近所徘徊から:

« 日本医大より、生還! | トップページ | tsunokenのリハビリ日記:ギャラリーバウハウスに「WEIN CT70」を見にいく »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?