フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『マンガで読む「応仁の乱」』を読んでみたんだが | トップページ | 「竹ノ塚」と「谷塚」では、大いに違う »

2017年10月11日 (水)

京王線調布駅が大変貌!

 普段、アミノバイタルフィールドに行くときは基本的にクルマで行ってしまうので、実はあまり興味がなかった。

 しかし、後述する通りいろいろ縁のあった京王線調布駅である。地下化した話は知っていたし、地下化した調布駅は(各駅停車への乗り換えで)利用したことは何度もあるし、まだビルができる前の地下化した調布駅を利用したことだってある。

 んが、そんな調布駅の駅ビルができたなんて話は、実は失念しておりました。先日、アミノにアメフトを見に行った時に調布駅の上に「トリエ京王調布」なんてビルができているのを知らなかったショックは大きく、早速、行ってきたのであります。

 当然のことながら、地上に線路が走っていた時の場所がビルができる場所、ってことで、布田駅方面がA館。成城石井などのショッピング・ゾーンです。

Dsc_00012_3

 で、駅前広場の部分はそのまま駅前広場として使って、西調布方面にはB館がある。こちらはビックカメラがキーテナントで、その他、カフェなどがある。

Dsc_00042_3

 面白いのがイオン・シネマが入っているC館。京王線は調布駅で八王子や高尾に行く本線と、橋本や多摩センターに行く相模原線に分かれるんだが、その分かれた線路の通りに西調布駅方面へ行くまっすぐな部分と、左の京王多摩川駅方面へ行く左にカーブした部分が両方ともビルの形に生かされている。

 しかし、「イオンはないけど、イオンシネマだけある」ってのも珍しい風景だ。どういう駆け引きが京王電鉄とイオンにあったんだろう。

Dsc_00132_3

 で、駅前にある「CINEMA TOWN CHOFU」のモニュメント。

 調布と言えば東京現像所には何度通ったことか……ってくらい、数えきれないほど通った場所。それ以外にも、東映化学工業(現・東映ラボテック)、日活撮影所(ここも通ったなあ)や角川映画撮影所(昔は大映撮影所といった)などの映画関連施設があった街である。そういえば、石原プロモーションも調布に事務所があった時期があったんだ。

 ところがそんな調布なんだが映画館がなかった。ずっと大昔はあったんだろうが、私が調布に通うようになった頃には既に映画館はなかった。調布パルコができた頃は、そこに映画館ができるのではないかと期待させたんだが、残念ながらできず。

 やっと数十年経って、イオンシネマができたって訳。まあ、なんにせよ、やっぱり「CINEMA TOWN」には映画館は欲しいですよね。シネコンでも。

Dsc_00062_3

 で、面白いのが駅南口方面から北口方面を望むと、A館とB館の間があいているので、北口のパルコなんかもちゃんと見える。南口からは見えないようにしようなんてことはしないんだなあ。

 う~ん、結構余裕かましてくれていますね、京王電鉄。

Dsc_00222_3

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Chofu ©tsunoken

« 『マンガで読む「応仁の乱」』を読んでみたんだが | トップページ | 「竹ノ塚」と「谷塚」では、大いに違う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65897265

この記事へのトラックバック一覧です: 京王線調布駅が大変貌!:

« 『マンガで読む「応仁の乱」』を読んでみたんだが | トップページ | 「竹ノ塚」と「谷塚」では、大いに違う »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?