フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 京王線調布駅が大変貌! | トップページ | 大塚はこの近辺一番の繁華街だった »

2017年10月12日 (木)

「竹ノ塚」と「谷塚」では、大いに違う

 東武伊勢崎線に乗って北千住から六つ目の駅が谷塚駅。お隣の竹ノ塚と名前が似ているので、なんとなく近しい場所なのかなと考えてしまうのだが、全然違うんですね。

 かたや「東京都足立区竹ノ塚」、もう一方は「埼玉県草加市谷塚」って具合に、実はもう全然違う場所なんだなあ。

Dsc_00722

 谷塚駅を出て東の方に進むと旧日光街道に出ます。

Dsc_00102

 で、そこにあるのが富士浅間神社、天保13年(1842年)の創建。天保年間と言えば水野忠邦の「天保の改革」で有名で、「緊縮財政」「贅沢禁止」「言論統制」で有名で、高野長英や渡辺崋山などの弾圧で有知られた時代。そういったこともあって、大塩平八郎の乱や甲斐国の百姓一揆なんかがあった時代ですね。

 まあ、あまり明るい時代ではなかった。そんな時代背景と富士浅間神社の創建も関係があったのかしら。

Dsc_00162

 富士浅間神社なので、境内には小御嶽神社・瀬崎の富士塚なんてのがある。それこそ富士浅間神社の創建と同じころなのかなあと調べてみれば、これが大正5年(1916年)に造られたらしい。大正5年と言えば、日本が日露戦争の勝利で持って妙な自信を持っちゃって、これからブイブイ世界へ乗り出そうなんてことを考え始めた時期である。

 天保年間とは大分事情が違うようですが……。まあ、失敗の始まりってことでは同じか。

Dsc_00302

 で、これが毛長川にかかる水神橋で、画面奥が東京都足立区竹ノ塚、手前が埼玉県草加市谷塚です。

Dsc_00492

 これが草加市だっていう証拠……、っていうほどのものじゃないか。

Dsc_00562

 まあ、たいしたネタじゃないなあ。

 明日はもう少し精進します……、できるかな?

NIKON Df AF Nikkor 28mm f/2.8 @Yatsuka Souka ©tsunoken

« 京王線調布駅が大変貌! | トップページ | 大塚はこの近辺一番の繁華街だった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65905260

この記事へのトラックバック一覧です: 「竹ノ塚」と「谷塚」では、大いに違う:

« 京王線調布駅が大変貌! | トップページ | 大塚はこの近辺一番の繁華街だった »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?