フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 世田谷区赤堤って、どんなところ? | トップページ | 踏切地蔵尊・下北沢 »

2017年10月28日 (土)

KONICA M-HEXANON レンズ・テストと業務連絡

 新たに仕入れたレンズ「KONICA M-HEXANON 50mm/f2」テスト撮影を10月20日の日本橋「寶田恵比寿神社祭り(べったら市)」にて行った。

Img0352

 なぜ、Mヘキサノンなのかと言えば、実は結構オッチョコチョイな話があって、ライカM6が欲しくなってM3を手放したときに、なんとなくM3と一緒にズミルックス50mm/f1.4も一緒に手放してしまったのですね。まあ、その頃はライカは35mmまででいい、それ以上の焦点距離は一眼レフに任せておけばよい、と考えていたんです。

 しかし、実際に再びライカを手にしたときに、なんか35mmまでだと物足りないっていう気がしました。で、中古カメラ屋さんにでかけてズミクロン50mm/f2を探しました。ズミルックスだとちょっと大きすぎてカメラとのバランスが良くないっていう気がして、更にf1.4なんて絞りはまず使いません。で、ズミクロン。

Img0072

 数年前まではズミクロンもズミルックスも、10万円も出せば結構いい状態のものが手に入ったんだけれども、実はカメラをデジタル化してから、次はレンズだってなもんで、レンズの高級化を始めたんですね、ライツ社は。で、ズミルックスの現行品やズミクロンの現行品は50万~100万円もするものがある。ああ、それだったら以前手放したズミルックスを手元に置いておけば良かったなあ、なんて考えたのも後の祭り。

 で、やむなく手に入れたのがコニカ M ヘキサノン 50mm/f2だというわけなんです。このM ヘキサノン、ズミクロン50mm/f2と同じくらいの大きさだし、レンズの明るさもf2あれば十分、ということでレンズテストに夕刻の寶田恵比寿祭りに出かけたというわけ。

Img0112

 まあ、これでVOIGTLANDER COLOR-SCOPAR 21mm/f4、LEITZ ELMARIT-M 28mm/f2.8、LEITZ CANADA SUMMICRON 35mm/f2、KONICA M-HEXANON 50mm/f2と、ライカ用標準~広角系フル・ラインナップになったので、ライカ用はもうOKであります。

 まあ、M3と併用していた時には気になっていたファインダー視野枠の小ささ(M3は50mmが最大、M&は28mmが最大)なんだけれども、まあ、慣れれば問題ないだろう。っていうか、やっぱりM6は基本的に35mmがメインになりそうな機材なので、50mmは臨時用ということでそんなに気にしても意味はない、ということですね。

Img0262

 で、最後に業務連絡です。

 今日から再び入院して、手術を受けることになりました。まあ、しばらくはブログも途絶え気味になるかもしれないけれども、PCは持って入院するつもりだし、実は多少は書き溜めていた分もあるので、即「ブログ中断」にはなりません。まあ、少し短かったり、写真があまり入っていなかったりの変化はあるでしょう。

Img0332

 毎日、私のブログを楽しみにしている読者の皆さんにはちょっとばかり「中途半端なお別れ」になりますが、また、退院してからの復活をお楽しみにしてください。

 それでは…

LEICA M6 KONICA M-HEXANON 50mm/f2 @Nihonbashi ©tsunoken

 

« 世田谷区赤堤って、どんなところ? | トップページ | 踏切地蔵尊・下北沢 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65968656

この記事へのトラックバック一覧です: KONICA M-HEXANON レンズ・テストと業務連絡:

« 世田谷区赤堤って、どんなところ? | トップページ | 踏切地蔵尊・下北沢 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?