フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 作品展二日目だが『新しいメディアの教科書』について語る | トップページ | 『電通と博報堂は何をしているのか』だって? 何もやっていないに決まってるじゃん »

2017年9月18日 (月)

社友会作品展三日目と手塚治虫の下宿先って、なんだソレ?

 今日は講談社社友会作品展の三日目、最終日です。

 場所は、「雑司が谷地域創造館」地下一階(東京メトロ新都心線雑司が谷駅2番出口上がってすぐ)です。

 今日は午後4時30分まで開催しています。

 で、その雑司が谷地域創造館のすぐそばにあるのが雑司が谷鬼子母神。あの「おそれ雑司が谷の鬼子母神」の鬼子母神です。って、なんのこっちゃ。

Dsc_00022

 その鬼子母神のケヤキ並木の参道から脇に入ったところにあるのが……

Dsc_00082_2

 手塚治虫が椎名町のトキワ荘が手狭になってしまったために移り住んできた並木ハウスであります。

Dsc_00142

 そうか、ケヤキ並木にあったから並木ハウスなわけね。別に「並木さん」の家っていうわけじゃなかったんだ。

Dsc_00122

 で、その並木ハウスへ入る路地の入口にあるのが、並木ハウス・アネックスっていう、並木ハウスの別館だったというのは知らなかった。

Dsc_00052

 こちらアネックスの一階はいろいろな店に貸していて、そのうちの一軒が「雑司が谷案内処」という施設になっていて、雑司が谷のいろいろな場所の資料なんかがおいてある。

Dsc_00072

 作品展の会場に1時30分までに来ていただけると、この並木ハウスの見学ツアーに参加できます。中にも入れるよ。

 まあ、行ったからって、別に手塚治虫の原稿とかがあるわけじゃないけれどもね。

NIKON Df AF Nikkor 20mm f/2.8 D @Zoshigaya Toshima ©tsunoken

« 作品展二日目だが『新しいメディアの教科書』について語る | トップページ | 『電通と博報堂は何をしているのか』だって? 何もやっていないに決まってるじゃん »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65792817

この記事へのトラックバック一覧です: 社友会作品展三日目と手塚治虫の下宿先って、なんだソレ?:

« 作品展二日目だが『新しいメディアの教科書』について語る | トップページ | 『電通と博報堂は何をしているのか』だって? 何もやっていないに決まってるじゃん »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?