フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 恐れ雑司が谷の鬼子母神……ん? | トップページ | 『ニッポンの奇祭』って、本当に「奇祭」なの? »

2017年9月14日 (木)

iPhone X は本当に「買い」か?

 今日はちょっとナニなんで、軽い話題から。

 アップルがiPhone X を発表したんだが、本当にそれは「買い」なんだろうか、という話。

Iphone

 確かに、昔はAPPLE党だった私は、もしそのままだったら「当然、『買い』でしょ」ってなったと思うんだが、ある日からMicro Softに乗り換えちゃった、というか、乗り換えざるを得なかった事情があってその時から、もうAPPLEにはクールにモノを見るようになったんですね。

 まあ、スマホになってからはiPhone 6 を使ってはいるんだが、もはやiPhoneには昔Macに感じていたワクワク感はないもんなあ。

 結局、スマホになってからは追随するメーカーもすぐに同じものを出せるようになってしまい、APPLEの独自性をどこで主張していくのかは難しくなってきている。問題はアプリなんだけれども、それは当然アプリの開発者はiPhoneだけのアプリなんかは作るはずもないから、別にそれはiPhoneだけの独自性にはならない。

 いまだにAPPLE党の多いブログ界でもちょっと戸惑っているようで、だってiPhone 8 とiPhone X がなんで両方とも売り出されるんだってところに、なんかAPPLEの腰砕けっぷりが見えているような気がする。スティーブ・ジョブズのAPPLEだったら平気で以前のモデルは切って捨てたはずである。「もはやiPhone X 以外の機種はお払い箱だ! いつまでもそんな前の機種に囚われるな!」なんてね。

 まあ、商品開発センスのないティム・クックCEOじゃ仕方がないけれども、新しい機能としては「ホームボタン廃止、顔認証導入」っていう程度じゃ、別に画期的でも何でもない。スティーブ・ジョブズのMacみたいなブッチギリのブランド志向があるわけでもないし、その程度の新機能でどれだけほかのスマホと戦えるんだろうか。

 まあ、日本ではいまだにiPhone派が多いのでブランド価値はあるのかもしれないが、日本以外ではあまりAPPLEの優位性は優れていないんだから、日本以外で永遠に戦えるかといえば、ちょっと難しいかな。特にAPPLE党なんていないアメリカでは、中国勢や韓国勢に挟まれて苦戦しそうである。

 日経新聞の記事の「しめ」はこうだ。

『 「これがスマホの未来だ」

クックCEOはiPhoneXの革新性をステージで強調した。確かにその通りかも知れない。スマホが定番商品になり、道具と趣味の製品に二極化していく未来が映る。実機を触った後で残るのは生活を楽しくする製品ではあるが、生活を劇的に変える製品ではないという印象だ。

「売れると思います。まぁ次の10年を担う製品かどうかはわかりませんが」――。
 発表会後に取材に応じたKDDIの田中孝司社長は言葉を濁した。』

 う~ん、まあこんなところが妥当なのかもしれないなあ。

 元APPLE党で、実は今でも「いずれはMacに戻る」なんてことを考えている私でも、その行く末はちょっと心配だ。

 っていうか、スマホばっかりじゃなくて、もっと画期的なMacを開発してほしいんだが、もうそれは無理なのだろうか?

Img0122

 ところで「ナニ」って、なんだ?

« 恐れ雑司が谷の鬼子母神……ん? | トップページ | 『ニッポンの奇祭』って、本当に「奇祭」なの? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65786685

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone X は本当に「買い」か?:

« 恐れ雑司が谷の鬼子母神……ん? | トップページ | 『ニッポンの奇祭』って、本当に「奇祭」なの? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?