フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「自由が丘」は丘じゃなかった | トップページ | 新宿御苑・裏通り »

2017年8月 1日 (火)

ラビリンス ラビリントス

「ラビリンス ラビリントス」というのは、眉村卓原作の幻想文学「迷宮物語」を原作として作られたオムニバス・アニメ『Manie-Manie 迷宮物語』の中の、りんたろう氏の作品のタイトルである。

 考えてみればこの『迷宮物語』の中の『工事中止命令』という作品が、大友克洋氏が初めてアニメーションの監督を務めた作品で、言ってみれば『AKIRA』に先行するアニメーション作品として、もう少し評価されてもいいのになあ、とも思うのだが。

 今日の話は、それとは全く関係ない。関係あるのは「迷路=ラビリンス ラビリントス」(ラビリントスはラビリンスのギリシア語的表現)っていうだけで……。

Epsn37692

 豊島区の駒込駅から染井霊園に向かって走る「染井通り」と、本郷通り(日光御成街道)の駒込駅から霜降り橋まで降りていく坂(「妙義坂」という通りの間の、住所でいうと豊島区駒込三丁目と呼ばれる坂の町が、実に迷路みたいなんだなあ。というお話。

Photo

 東西に走る道はすべてこんな坂道で、染井通りに向かって上がっていく坂で、まあ、そんな高低差があるところも迷路をより迷路的にさせている理由にもなっている。

Epsn37882

 染井通りから東の中山道へ向かっていく辺りは、かなり区画整理ができている住宅地なんだが、染井通りから坂を下りてくると、途端にそんな区画整理も何もなくて、とにかく曲がった道、道、道なんである。たぶん、区画整理なんかがされる前に住宅が建っちゃったんだろうなあ。

 まあ、それはそれで魅力がある街にはなっている。そう、街の魅力はまさにこの「迷路性」にありってのが私の考え方なのだ。

Epsn38142

 さらに、道自体が狭くて車が通れない道が多い。

 で、こんな道に迷い込んだ場合には、とにかく坂を上がるしかない。坂を上がれば染井通りに出て、そこから染井霊園、中山道、駒込駅、巣鴨駅のどれかに出られます。

Epsn38112

 一度、散歩がてらこんな迷路に迷い込んでみるのも、面白かもしれない。

EPSON RD1s LEITZ Elmarit 28mm f:2.8 @Komagome Toshima ©tsunoken

« 「自由が丘」は丘じゃなかった | トップページ | 新宿御苑・裏通り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65594990

この記事へのトラックバック一覧です: ラビリンス ラビリントス:

« 「自由が丘」は丘じゃなかった | トップページ | 新宿御苑・裏通り »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?