フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京散策……、いや、彷徨だな | トップページ | 金沢文庫にあるのが金沢文庫 »

2017年8月30日 (水)

人工都市でも子供は育つ

 東京メトロ有楽町線を豊洲駅で降りて東雲方面へ歩く。

Dsc_00282

 いやあ、見事な「人工都市」ぶりですねえ。こういうところに人が住むの? って聞きたくなるのだが。

Dsc_00372

 勿論、人は住んでいるし、保育園や小学校、中学校など、子どもたちが通う施設も充実している。それはそうだよなあ。というよりも、むしろそんなくらいの子どもたちがいる若い世代のご両親たちがこの町の中心的存在なのだ。

Dsc_00572

 まあ、考えてみれば江東区のこの辺りのことを「人工都市」というのは簡単なのだが、むしろそれをいうのなら東京そのもの自体が江戸の昔より「人工都市」として、都市計画のもとに作られた町であり、そんな「人工都市」で生まれ育ったのが私たちでもあるのだ。

Dsc_00582

 なんとなく私たちが小さい時から生まれ育った「昔からの東京(江戸)」だって、なんとなく小さい時から住み慣れているので、昔からあったような気がしているのだが、その前の時代には「侍はここ」「商人はここ」「職人はここ」なんて住むところが決められていて、今よりもずっと計画的に作られていた街ではあったのであります。

Dsc_00662

 というか、当然そんな「人工の町」に、大人の都合で生まれ住むことになるのは、言ってみれば子どもの運命であり、また、どんなところで生まれようが、自分が生まれた町なりに生きていけるのが子どもたちの生きざまってものなんですね。

 この町の子どもたちにとっては、こうした「人工の環境」が自分たちにとっての「自然」であり、そうした「人工の自然」に取り囲まれて生きるのが、自分たちの運命なんだろうなあ。

Dsc_00502

 親たちは住むところを選べるけれども、子どもたちにとっては自分が選べない「生まれ育った町」をふるさとにするしかないんだもんなあ。

NIKON Df AF Nikkor 35mm f:2 D @Toyosu ©tsunoken

« 東京散策……、いや、彷徨だな | トップページ | 金沢文庫にあるのが金沢文庫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65726506

この記事へのトラックバック一覧です: 人工都市でも子供は育つ:

« 東京散策……、いや、彷徨だな | トップページ | 金沢文庫にあるのが金沢文庫 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?