フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「中原街道」って、本当は「街道」じゃないのにね | トップページ | 三軒茶屋ってどの三軒? »

2017年7月17日 (月)

蛇崩・伊勢脇通り・中目黒

 東横線中目黒駅を降りて、駅前の巨大な中目黒ゲートタウンというビルの脇から伸びている目黒銀座は芝居を観に何回か来たことがある。

Dsc_00072

 基本的にはちょっと古い感じの昔からの商店街っていう感じの商店街なんだけれども、たまに目新しい店があったり、ギャラリーがあったり、演劇の小劇場があったりして、結構。文化的要素の高い街としてなかなか好感度の持てる商店街である。

 その目黒銀座の正しい名前が「蛇崩・伊勢脇通り」という名前だとは、何度も通っていたくせに知らなかった。通りのちょっと奥にある天祖神社が伊勢神宮祭神、天照大神を祭っていることから、境内を俗に「お伊勢の森」といったところからきている。で、「お伊勢の森」の脇だから「伊勢脇通り」。でも、もう一つの「蛇崩」というちょっとおどろおどろしい名前の意味が分からない。

Dsc_00082

 で、その目黒銀座も数百メートルほどで突き当りに出てしまい、右へ曲がると東横線のガードをくぐる。

Dsc_00172

 で、くぐった先も「蛇崩・伊勢脇通り」という名前は続いている。途中、「蛇崩川支流緑道」なんてのがあったりして……、え?

Dsc_00262

 道はついに「蛇崩下橋」なんて橋を渡るんだが、川は無くて暗渠になっている。

Dsc_00312

 つまり「蛇崩川」という名前の川が昔あって、「大水で崖が崩れた際にそこから大蛇が出てきた」とか、「蛇崩川は、かつては谷も深く大変な暴れ川で、蛇行して流れる水の勢いで川の両岸が浸食され、土砂崩れが多く見られ、その凄まじい様相に『蛇崩』の文字を当てたのではないか」などなど、その「蛇崩」というおどろおどろしい名前の由来は諸説あるらしいのだが、要は品川用水の分流で目黒川に注いだのが蛇崩川という川の名前らしい。

 だとしたら、そんなにおどろおどろしい名前にしなくてもよかったのになあ。

 というところで、泉麻人氏の『東京いい道、しぶい道』の「Ⅲ 城南エリア 目黒銀座の奥の細道…蛇崩・伊勢脇通り」を征服。

『東京いい道、しぶい道』(泉麻人著/中公新書ラクレ/2017年4月10日刊)

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Kami MeguroMeguro ©tsunoken

« 「中原街道」って、本当は「街道」じゃないのにね | トップページ | 三軒茶屋ってどの三軒? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65534885

この記事へのトラックバック一覧です: 蛇崩・伊勢脇通り・中目黒:

« 「中原街道」って、本当は「街道」じゃないのにね | トップページ | 三軒茶屋ってどの三軒? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?