フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「犬も歩けば棒に当たる」的発見…でも横浜なら珍しくもないのか | トップページ | 周辺光量の低下はレンズの味? »

2017年7月 7日 (金)

昔は甲州街道は小仏峠を通った

 国道20号線の高尾駅前を過ぎて道が左へカーブするあたりで、道はJR中央線と交差する。

Dsc_00092

 そのJRとの立体交差を過ぎるとじきに「西浅川」という交差点に出る。ここをまっすぐ行くと京王線の高尾山口駅前を過ぎて大垂水峠に入り、右折すると小仏峠に至る。

 小仏峠は昔は甲斐と武蔵を結ぶ甲州街道の要所として小仏関所が置かれていた。

Dsc_00132

 その小仏関所が1616年(元和2年)に駒木野に移されて、現在も京王バスの駒木野停留所の前に関所跡が残されている。

Dsc_00392

『小仏関所は、戦国時代には小仏峠に設けられ富士見関ともよばれた。武田・今川・織田などの周辺の有力氏が滅ぶと麓に一度移され、その後、北条市の滅亡により、徳川幕府の甲州道中の重要な関所として現在地に移されるとともに整備された』(八王子市教育委員会)

 という説明版がある。

Dsc_00232

 関所の面積などはそれほど大きなものではなかったようなのだが、関所と一緒に「甲州街道駒木野宿」という宿場もあったようで、まあ、たぶんそれは「明け六つから暮れ六つまで」という関所の開所時間に合わせて、それに間に合わなかった人のための小さな宿場のようであったのだろう。

Dsc_00212

 小仏峠は勾配が急で車道化が困難であったため、1888年(明治21年)に当時の国道16号(現在の国道20号)は大垂水峠を経由するルートへ変更された。

Dsc_00362

 ということで、この小仏峠へ至る道も、この小仏関所跡を過ぎて裏高尾を過ぎて小仏峠まで行くと、既に道も舗装されていないハイカーたちが通る道になってしまっている。

 中央高速の小仏トンネルは、この小仏峠の下を走っているわけですね。まあ、昔の甲州街道がどうなっていたのかを知るいい機会かもしれないけれどもね。

NIKON D7000 AF-S Nikkor 18-105mm f3.5-5.6 G @Komagino Hachioji ©tsunoen

 

« 「犬も歩けば棒に当たる」的発見…でも横浜なら珍しくもないのか | トップページ | 周辺光量の低下はレンズの味? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65501618

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は甲州街道は小仏峠を通った:

« 「犬も歩けば棒に当たる」的発見…でも横浜なら珍しくもないのか | トップページ | 周辺光量の低下はレンズの味? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?