フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 小説『シンギュラリティ』は『シンギュラリティとは何か』に答える小説じゃなかった、そこが残念! | トップページ | 東京いい道 西大井 のんき通り……でも、Lost »

2017年6月16日 (金)

TREBUTE TO OTOMO EXHIBITION

 世界的な人気を誇る漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展 『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』というのが、渋谷タワレコード8階で開催中だ。

Dsc_00082

 これは、大友克洋が2015年に第42回アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリで最優秀賞を受賞したのを記念して、氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を期して開催されているもの。

Dsc_00062

 大友克洋氏は2013年に紫綬褒章、2005年に芸術文化勲章シュバリエ、14年に芸術文化勲章オフィシェを授与されている押しも押されもしない日本の芸術家なんだから、何をいまさらアングレームってなところもあるんだが、まあ、アングレームでの受賞を記念して日仏の80名ほどのマンガ家による『AKIRA』(いやあ皆見事に『AKIRA』ねんですねぇ)の大饗宴が実現したってことを考えれば、それはそれで意味があったってことなんですかね。

 そう、大友さんの新作イラストはひとつもなくて、すべて世界中のマンガ家による『AKIRA』の大饗宴なんですね。それはそれで凄い。けどねぇ……。

Dsc_00042

 一番上の金田と超電動バイクのイラストが入口で、そのの裏側が「ラク書きスペース」になっているんだが、う~ん、どうなんだろうか、多いんだろうか少ないんだろうか。

201706151521292

『TRIBUTE TO OTOMO』はフランスのEDITIONS GLENAT社と講談社の共同出版で、税別5,400円で発売中。あまり大量には発行していないから、早めに売り切れちゃうかもしれません。

Dsc_00102

 本当は「SHOHEI(大友昇平)と大友克洋の親子共演」ってのを見たかったんだけれどもなア。えっ? それって「禁句」(?)

『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』は6月18日まで開催中。渋谷タワーレコードのサイトはコチラ

NIKON Df AF Nikkor 20mm f2.8 D @Shibuya ©tsunoken

 

« 小説『シンギュラリティ』は『シンギュラリティとは何か』に答える小説じゃなかった、そこが残念! | トップページ | 東京いい道 西大井 のんき通り……でも、Lost »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65414492

この記事へのトラックバック一覧です: TREBUTE TO OTOMO EXHIBITION:

« 小説『シンギュラリティ』は『シンギュラリティとは何か』に答える小説じゃなかった、そこが残念! | トップページ | 東京いい道 西大井 のんき通り……でも、Lost »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?