フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「鴨宮逍遥」のオソマツ | トップページ | GINNZA SIXは、はたしてアートなのかビジネスなのか »

2017年6月29日 (木)

銀座逍遥(今度こそ「逍遥」)

 昨日のブログで「鴨宮逍遥」なんて書いてしまったんだけれども、実は「逍遥」でもなんでもなかったという、それこそ「オソマツ」。

「逍遥」というのは『逍遥①そこここをぶらぶらと歩くこと。散歩。②心を俗世間の外に遊ばせること。悠々自適して楽しむこと。』(「広辞苑」第六版)というのが正しい使い方で、つまり「小田原を目指して歩く」というのは「逍遥」でもなんでもなかったのであります。

Dsc_00152

 そこへ行けば、今日の「銀座逍遥」はまさしく「逍遥」。銀座という、今まで何度も何度も通った道をそぞろ歩いたのであります。

Dsc_00342

 まあ、言ってみれば、この「銀座そぞろ歩き」っていうのは、私の「散歩写真」の原点みたいなもので、カメラを買って(NIKON New FM2)最初に歩いたのが、ここ銀座なのでありました。

Dsc_00362

 銀座の基本は、ここ銀座四丁目、和光の前なのであります。三越の前じゃないところがキモで、三越の前だと人がいっぱいいすぎて焦点が絞りにくい。

 そこへ行くと交差点を挟んで和光の前だと、そこに佇む人っていうのが三越前に比べるとだいぶ少なくて、「この人」って決めた人を狙い撃ちできるんですね。

Dsc_00382

 ということなので、「何を撮っていいかわからな」ったり、たまに「ストリートスナップの原点に戻りたい」なんて感じになると、銀座(一丁目から八丁目)に繰り出すわけです。

Dsc_00492

 勿論、そんなときの機材は50mmレンズ一本。ワイド系にすると焦点が見えにくくなり、別の意味の写真になってしまったり、85mmにすると、それもそれで別の写真になります。

Dsc_00142

 ということで、「NIKON Df AF Nikkor 50mm f1.8 G」@Ginzaになるわけです。

 まあ、そんな感じで撮った数葉。これこそ「逍遥」。

« 「鴨宮逍遥」のオソマツ | トップページ | GINNZA SIXは、はたしてアートなのかビジネスなのか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65465643

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座逍遥(今度こそ「逍遥」):

« 「鴨宮逍遥」のオソマツ | トップページ | GINNZA SIXは、はたしてアートなのかビジネスなのか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?