フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 実業団スポーツを考える | トップページ | 『プロ野球・二軍の謎』 »

2017年6月 6日 (火)

東京周縁部を往く・江戸川、旧江戸川分岐点

 東京メトロ東西線の妙典駅を下りて北口に出ると、すぐにこの「寺町通り」に出る。昔は「成田道」といって、成田山へ行く街道だったそうだ。

Dsc_00062_2

 さすがに寺町通りらしく大きくて古いお寺がたくさん並んでいる。

Dsc_00122

 で、寺町通り(成田道)が行徳街道とぶつかる場所にあるのが、この神明神社であります。

Dsc_00162

 で、その神明神社の境内にあるのが「行徳町道路元標」。

 なんで神社の境内に道路元標があるんだと言えば、この近所に行徳町の町役場があったからなのだそうだ。今はどこを見渡してもそんな説明版なんかもない。神社の隣に市川市の建物らしきものがあるので、多分、そこが旧行徳町役場だったのかもしれない。

Dsc_00262

 で、その神明神社を更に東進すると出てきました、江戸川放水路と旧江戸川を分ける篠崎水門、正式には江戸川水閘門と言います。

Dsc_00382

 旧江戸川はここで江戸川放水路と別れて葛西臨海公園の脇に出て東京湾に放流。

 つまり、そこが江戸川サイクリングロードの起点。

Dsc_00442

 江戸川サイクリングロードは、葛西臨海公園から出発して、篠崎で江戸川と合流し、柴又、水元と遡行して行って、最後は関宿町で利根川と合流するのであります。

 しかし、いままではただ単に通り過ぎるだけの場所だったんだが、こうやってゆっくり歩いて通るってのも悪くないなあ。

NIKON Df AF Nokkor 20mm f2.8 D @Gyotoku Ichikawa ©tsunoken

« 実業団スポーツを考える | トップページ | 『プロ野球・二軍の謎』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65361610

この記事へのトラックバック一覧です: 東京周縁部を往く・江戸川、旧江戸川分岐点:

« 実業団スポーツを考える | トップページ | 『プロ野球・二軍の謎』 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?