フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« INSIDE BABEL by KATSUHIRO OTOMO | トップページ | 「都議選開幕!」って言っても、争点がなあ »

2017年6月23日 (金)

成田街道八幡宿の藪知らず

 水戸街道は葛飾の新宿で成田街道(佐倉街道)が道別れして、市川宿、八幡宿、船橋宿という具合に宿場が続いている。ただし、短い街道なので、宿場町といっても宿場跡などといったものは残されていないようだ。

Dsc_00072

 ここ八幡宿(市川市本八幡)も同じで、当然、国道14号線(千葉街道)は旧成田街道ではないはずで、でも、じゃあ昔の街道や宿場はどこにあるといってもよくわからない。多分、現在一番街商店街となっている部分がそうじゃないかと思うんだが、なんの説明版もない。

Dsc_00062

 唯一あるのが、ここ「不知八幡森(しらずやわたのもり:通称・八幡の藪知らず)」だけである。

Dsc_00342

 ここ「八幡の藪知らず」に関しては

『江戸時代に書かれた地誌や紀行文の多くが、八幡では「藪知らず」のことを載せています。そして「この藪余り大きからず。高からず。然れども鬱蒼としてその中見え透かず。」とか、「藪の間口漸く十間(約一八メートル)ばかり、奥行きも十間に過ぎまじ、中凹みの竹藪にして、細竹・漆の樹・松・杉・柏・栗の木などさまざまの雑樹生じ……」などと書かれたりしていますが、一様にこの藪知らずは入ってはならない所、一度入ったら出てこれない所、入れば必ず祟りがあると恐れられていた所として記載され、「諸国に聞こえて名高き所なり」と言われて全国的に知られていました』

 という市川市教育委員会の説明版がある。

 そんなに大きな藪ではないのだけれども、何か、いろいろないわくがあるようだ。

Dsc_00332

 国道を挟んで反対側には葛飾八幡宮があり、もともとはこの八幡宮を勧請した場所であるというのも入ってはいけない理由のひとつらしい。

Dsc_00092

 この八幡様。なかなか立派な八幡様で、参道の途中には京成電鉄の踏切なんかもある。

Dsc_00122

 境内には富士塚や厳島神社なんかもある立派な神社なんである。

Dsc_00202

 元々は平安時代に創建された下総国総鎮守の八幡様で、結構、由緒の正しい、古社なのであります。

NIKON Df Af Nikkor 35mm f2 D @Moto Yawata Ichikawa ©tsunoken

 

« INSIDE BABEL by KATSUHIRO OTOMO | トップページ | 「都議選開幕!」って言っても、争点がなあ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65444371

この記事へのトラックバック一覧です: 成田街道八幡宿の藪知らず:

« INSIDE BABEL by KATSUHIRO OTOMO | トップページ | 「都議選開幕!」って言っても、争点がなあ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?