フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今更ながら「牛の角突き」って、何なんだろう? | トップページ | う~ん、やっぱりパントばかりじゃ勝てないよね »

2017年5月 7日 (日)

河合継之助と山本五十六

 5月4日は闘牛は小千谷だけでいいという、同行のY川氏やT山さんのために、午前中は長岡市内を案内することにした。

 まず最初に行ったのが「長岡城址」(笑)であります。何故、(笑)なのかはいずれ謎解きをしますが、そんな「長岡城址見物」(大笑)の後は、長岡が生んだ二大英雄、河合継之助と山本五十六のそれぞれ記念館に行ってきました。

Dsc_00272

 司馬遼太郎の小説「峠」で有名な河合継之助ですが、河合継之助と言えば「小千谷談判」ですね。徳川慶喜が密かに江戸へ帰順したのを知った、河合継之助は急ぎ長岡に帰り、戦支度と同時に、いかにして新政府軍と戦わないで済ませるかという方法を考えたのでした。

Dsc_00282

 が、結局そのための交渉はわずか30分で決裂。これにより長岡藩は奥羽列藩同盟に加わり、2日後に北越戊辰戦争へと突入するわけです。この交渉が後に言う「小千谷談判」で、結局、長岡藩は敗れるわけです。新兵器ガトリング砲をもってしても、新政府軍の勢いは止められなかったわけですね。河合継之助はそれを知っていた。

Dsc_00262

 まあ、同じようなことが山本五十六の逸話にもあって、当初、日米開戦にはその圧倒的な戦力の差を知っていた山本五十六は反対していた。

Dsc_00102

 しかしまあ、連合艦隊総司令官になってしまうと、そうそう反対ばかりしているわけにはいきません。

Dsc_00112

 で、真珠湾攻撃はアメリカになんと言われようとも「奇襲作戦」で戦争のコントロール権を奪って、そのままミッドウェー海戦まで勢いでいってしまい、その直後にソ連に仲裁に入ってもらい日米和平というイメージを持っていたそう。

Dsc_00152

 つまり、河合継之助と山本五十六は共通する戦略「短い勝ち戦を戦って、早期に和平へと持っていく」を持っていたということになる。

 この辺が長岡の人たちが河合継之助と山本五十六を郷土の英雄と讃える理由なんだろうなあ。

Dsc_00172

 河合継之助記念館と山本五十六記念館はすぐそばにあり、山本五十六の傍の山本五十六記念公園には山本五十六の生家が復元されています。

NIKON Df AF Nikkor 24-85mm f2.8-4 D @Nagaoka ©tsunoken

« 今更ながら「牛の角突き」って、何なんだろう? | トップページ | う~ん、やっぱりパントばかりじゃ勝てないよね »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65244607

この記事へのトラックバック一覧です: 河合継之助と山本五十六:

« 今更ながら「牛の角突き」って、何なんだろう? | トップページ | う~ん、やっぱりパントばかりじゃ勝てないよね »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?