フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『すべての教育は「洗脳」である』は典型的な「G人材のための、G人材による、G人材の人」の書なんだなあ | トップページ | 尾久駅、そして尾久三業 »

2017年4月30日 (日)

日光御成街道川口宿

 本郷東大農学部正門前の「本郷追分」で旧中山道と別れた日光御成街道(本郷通り)は、岩淵宿、川口宿、鳩ケ谷宿、大門宿、岩槻宿と過ぎて、幸手宿でもって日光街道に合流する。

Epsn30552

 その内、「宿場=泊まった場所」として唯一確認できるのは、「岩槻宿」として将軍が使ったとされる岩槻城祉だけである。あとは「宿場跡」などの道標があればいい方であり、まあ、歴史の積み重ねってやつは、そんなもんでしょう。

 岩槻宿以外は宿場といっても「泊まる場所」ではなくて、「休憩所」的な宿場だったようだ。

Epsn30562

 ここ川口宿も同じ事情で、宿場跡らしき町並みなんてものはなくて、はてさて宿場跡はどこにあるんだろう。

 川口駅の西口は完全なマンションなどの住宅街だし、東口も駅前こそは商業ビルなんかもあるが、その一枚裏側はやっぱり高層マンションばっかりだ。

 話は関係ないけど、多分この辺に住んでいる人たちって、固定資産税を払う時と選挙の時ぐらいしか、自分たちが埼玉県民であるとか川口市民であるなんてことを考えない人たちなんだろうなあ。っていう位、東京の感覚に近い街である。

Epsn30192

 で、唯一昔からの大通りらしき「川口本町大通り」を行くと、成田山別院なんてのがある。まあ、だいたいこんな建物があるとそばに神社があり、その神社が昔の町の中心地だったってのが相場なんだよなあ。

Epsn30212

 で、行ってみるとありました「川口神社」。元々は大宮の氷川神社から分祀したものらしいんだが、明治になって川口町内の天神社、稲荷社、金山社を順次合祀して明治42年に社名を川口神社と改めたというんだから、まあ神社としては結構新しい神社なんだ。最も氷川神社としては中世からある神社らしいんだけれどもね。

Epsn30372

 ななかな大きな神社で、社殿も立派だ。

Epsn30292

 で、その川口神社の社殿に優るとも劣らない立派な社殿が境内にあるんだが、そこが金山神社。

Epsn30272

 う~ん、金山神社も元々は由緒のある神社だったんだろうなあ。

 で、この川口神社が昔の川口の中心地であり、川口宿の中心でもあったようだ。この川口神社から少し荒川の方に行ったところに、川口宿の絵図というのもある。

EPSON R-D1s LEITZ ELMARIT-M 28mm f2.8 @Kawaguchi ©tsunoken

« 『すべての教育は「洗脳」である』は典型的な「G人材のための、G人材による、G人材の人」の書なんだなあ | トップページ | 尾久駅、そして尾久三業 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/65208563

この記事へのトラックバック一覧です: 日光御成街道川口宿:

« 『すべての教育は「洗脳」である』は典型的な「G人材のための、G人材による、G人材の人」の書なんだなあ | トップページ | 尾久駅、そして尾久三業 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?