フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『ネットメディア覇権戦争』 | トップページ | 野毛大塚古墳 »

2017年2月14日 (火)

サクラサク

 カミさんから「染井で桜咲いている」という話をLINEで知ったので、早速、行ってみた。

 と言ってもソメイヨシノで有名な染井霊園ではなくて、そのちょっと手前の「門と蔵のある広場」ってところ。

Dsc_00122

 この「門と蔵のある広場」っていうのは、正式には「旧丹羽家住宅」といって、植木職人だった丹羽さんっていう人の家だった場所らしい。

 この辺りは江戸詰めの大名の下屋敷なんかがあった関係で、その屋敷の庭の植木を調整したり、作ったりした職人が多く住んでいたらしいんだな。で、その職人さんたちが作ったのがソメイヨシノ。ソメイヨシノっていうのは、エドヒガン系の桜と日本固有種のオオシマザクラの雑種の交配で生まれた人工的に作られたクローン品種で、基本的に気象庁が「開花予想」で使っているのが靖国神社のソメイヨシノ。

 ということは、じゃあこの丹羽さん家もそのソメイヨシノの開発に関係していたのかなあ、なんて妄想も広がってきます。

Dsc_00222

 で、広場に入ってみると、咲いていました。確かに……。

Dsc_00212

 でもこれはソメイヨシノじゃないなあ。

Dsc_00152

 ヒガンザクラかカワヅザクラのような種類かもしれない。

Dsc_00162

「染井で桜が咲いている」っていうから、てっきりソメイヨシノの狂い咲きかと思った私が早計だったのね。

 まあ、ソメイヨシノが今から咲くわけないもんなあ。

Dsc_00262

 こんなに寒いのに。

NIKON Df AF NIKKOR 35mm f1:2 D @Komagome Toshima ©tsunoken

« 『ネットメディア覇権戦争』 | トップページ | 野毛大塚古墳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64884486

この記事へのトラックバック一覧です: サクラサク:

« 『ネットメディア覇権戦争』 | トップページ | 野毛大塚古墳 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?