フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 無縁坂 | トップページ | 東京周縁部を往く・谷保天神と城山公園 »

2017年2月22日 (水)

『谷中レトロカメラ店の謎日和』

 面白いのが、あるウェブサイトのインタビューで柊サナカ氏がこう答えていること。

『独身時代が長かったもので、休みの日フラフラしていると「まーあそこの娘さんまた徘徊してるわ」と不審がられていました。でもカメラを提げていると「まーあそこの娘さんカメラを提げて徘徊してるわ」と若干近所目線が和らぐ。カメラ散歩たのしい』

 う~ん、まるで徘徊老人と間違えられると困るので、「私は街撮りカメラマンです」ってな顔をしてデジカメ持って街を徘徊している私みたいだなあ。まあ、カメラというアイテムを提げているのとそうじゃないのとで、人の見方は違うんだなあという話。

Photo 『谷中レトロカメラ店の謎日和』(柊サナカ著/宝島社文庫/2015年9月18日刊)

 しかし、こんな面白いミステリーがあったなんて知らなかった。

『谷中レトロカメラ店の謎日和』は既に昨年の10月に第2弾『フィルム、時を止める魔法』が出ていて、そこでも毎回別のカメラが登場して、小さな謎を解いていくというお話が続けられているようだ。まあ、ミステリーとしては、小さなミステリーばっかりなんだけれども、それが「谷中レトロカメラ店」というこれまた小さな店と相まって面白い。

 取り敢えず今回は最初のに出版されたものから、出てくるお話ごとに登場するカメラをご紹介。

第一章 開かずの箱の暗号

 主人公の女性、山之内来夏(やまのうち・らいか)って普通そんな名前を子供に付けるかっていうくらいの、わざとらしい名前なんだが、まあそれはよい。カメラの買い取りをやっている今宮写真機店の三代目店長、今宮龍一を待つ来夏のもとにあるのは、亡くなった山之内善治郎が残したカメラたち。

 登場するカメラはライカM3、ライカⅢf、コダックシグネット35、コンタックスⅡa、ビトーB、ニコンF、イコンタ・ユニバーサルシックス、ローライフレックスなどなど……。カメラは11台、レンズ9本。うーん。私のカメラは13台だから私の勝ちか。ただし、私の方はその内4台がデジカメだし、フィルムカメラの内、かなり頻繁に使っているのはライカM3とニコンF4の2台だけってのは問題かな。

 問題は4桁のダイヤル錠がついた開かずの箱。今宮の推理で開かずの箱から出てきたのはドリウ2-16というピストルカメラだった。まあ、これもアニアしか知らないカメラではあります。

第二章 暗い部屋で少年はひとり

 今宮写真機店でアルバイトをすることになった来夏。

 登場するカメラは、ピクニー、フォクトレンダーベッサⅡ、トロピカル・リリー、アルパ10D、そして少年の暗い部屋=ピンホールカメラ。

第三章 小さなカメラを持った猫

 来夏が来るようになってから今宮写真機店には変化が起きた。つまりトイカメラを置くようになったのだ。ただし、こうしたトイカメラもすべてフィルムを使うもの。それが今宮のぎギリギリのこだわりではあった。トイデジは置かない。

 登場するカメラはハリネズミカメラと名前が登場しない一眼レフのカメラ。何だろう? ニコンFあたりかなあ。

第四章 タイムカプセルを開くと

 今宮写真機店の一角はギャラリーになっていて、ミニ写真展を開きたいアマチュアクラブなどが借りたりしている。

 出てくるカメラはリコーオートハーフ、ポラロイドSX-70、ニコンF、ハッセルブラッド1000F、コンタフレックス、とまあオタク。

第五章 紫のカエル強盗団

 出てくるカメラはニコンF、イコンタ・ユニバーサルシックス。

第六章 恋する双子のステレオカメラ

 出てくるカメラはステレオグラフィック、ローライドスコープなどのステレオカメラとゼンザブロニカS2。

第七章 あなたを忘れるその日まで

 最終章に至って来夏と山之内善治郎の関係が分かってくる。てっきり親子だと思っていたのに、「えっ?」ってなるのが実はこの本最大のミステリーだったなんて。

 当然、登場するカメラは来夏が今宮に買取をお願いしたカメラたち。ライカⅢf、ライカM3、コンタックスⅡaなどなど。

 結局、来夏が買い戻すことになったカメラ、ライカⅢfについているレンズはエルマーの沈胴レンズ。ってことはエルマー50mm、f3.5だろう。

 結局、来夏は今宮写真機店を辞めるんだろうか、どうなんだろうか。気になるなあ。ってことは『谷中レトロカメラの謎日和 フィルム。時を止める魔法』を読めばいいんだ。

 ということで、早速、三省堂で買ってきて読み始めている。内容紹介はいずれ。

 ところで、柊サナカ氏のTwitterが面白い。最近はプライベルマキナーとピンホールカメラにはまっているようです。

『谷中レトロカメラ店の謎日和』(柊サナカ著/宝島社文庫/2015年9月18日刊)

« 無縁坂 | トップページ | 東京周縁部を往く・谷保天神と城山公園 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64913471

この記事へのトラックバック一覧です: 『谷中レトロカメラ店の謎日和』:

« 無縁坂 | トップページ | 東京周縁部を往く・谷保天神と城山公園 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?