フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 『その後の慶喜』っていうより、その「余生」の過ごし方だよなあ | トップページ | 江戸川区中央森林公園 »

2017年1月27日 (金)

片倉城(跡公園)

 八王子市の郊外、京王片倉駅からちょっといったところに「片倉城(跡公園)」はある。

Dsc_00012

 こんな小高い丘の上にあるのが片倉城。

Dsc_00402

 山道を登っていくと……

Dsc_00062

 二の丸跡にでる。

Dsc_00132

 二の丸から空堀を挟んで橋が渡っているが、そこを渡ると……

Dsc_00242

 本丸跡に出る。二の丸の広さに比べると本丸がちょっと狭い感じがするんだが、何故だろう。

Dsc_00182

『片倉城跡は、湯殿川と兵衛川の合流点を臨む北東方面に張り出した丘陵先端部に位置する中世城館です。北・東・南の外周部は約30mの急崖となっており、自然地形を生かした城郭です。西からの丘陵頂部は平坦ですが、深い空堀によって画された主廓と第二廓からなります。現道の配置等から第二廓の西方にも堀切がなされ、三廓からなる直線連廓式城郭であった可能性もあります。空堀により画された二つの廓には土塁や櫓台、腰曲輪、土橋などが良く残ります。
『新編武蔵野風土記』などでは応仁年間(1394-1428)の大江備中守師親の在城を記し、大江氏や大江氏の後裔の長井氏の城郭とされていますが、確証はありません。
 築城主体や年代の特定は困難ですが、深大寺城跡などの他の中世城郭との比較から15世紀後半以降に築城され、16世紀代に廃城になったと推定されています。しかし、城郭としての配置や技法、古川越街道や鎌倉街道と隣接する交通の要衝であることから、小田原北条氏による築城や利用の可能性も指摘されています』

 というのが東京都教育委員会の案内板。

 まあ、八王子市元八王子町には八王子城という、小田原北条氏の支城があるんだから、そのまた砦としてこの片倉城があったというのも考えられる。ただし、その場合は小田原北条氏は16世紀以降の存在なので、だとするとちょっと時代考証が異なってくる。

 本丸のすぐ下には住吉神社がある。結構立派な神社なんで、ここに城があったのは確かだろう。

Dsc_00322

 城から見た八王子市街であります。

Dsc_00332

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Katakura Hachioji ©tsunoken

« 『その後の慶喜』っていうより、その「余生」の過ごし方だよなあ | トップページ | 江戸川区中央森林公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64809160

この記事へのトラックバック一覧です: 片倉城(跡公園):

« 『その後の慶喜』っていうより、その「余生」の過ごし方だよなあ | トップページ | 江戸川区中央森林公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?