フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 厳選とらふぐコース | トップページ | 天守のない城、水府城 »

2017年1月17日 (火)

「篠山紀信写真展」のはずが……

「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」を見に横浜美術館へ行ったんだが、なぜか「横浜美術館コレクション展」の方へ行ってしまった。

Dsc_00142

 まあ、考えてみれば横浜という地は、昔、下岡蓮杖という人が日本で最初の営業写真館を開いた場所であり、日本の商業写真の原点みたいな地だったんだなあ。

 で、その横浜の美術館が所蔵している写真にはどんなものがあるのだろう、というのが興味の的ではありました。おまけにこちらの写真展は「館内撮影OK」なんですね。まあ、美術館が所蔵している写真なんで著作権の問題は、美術館が解決できるってことなんでしょうね。

 コレクション展は大まかに二つのテーマに分かれていて、ひとつが「Ⅰ 昭和の肖像―写真でたどる「昭和」の人と歴史」ということで、「女優」「文学」「美術」「風俗」なんかのパートに分かれて展示されている。

『60年余の長きにわたった「昭和」(1926~1989)という時代。関東大震災からの復興、第二次世界大戦と、敗戦からの再びの復興、高度経済成長を経てバブル期へと続く、日本の近現代史において最長、かつ最も大きく揺れ動いたこの時代は、無数の写真によってその「イメージ」が今日に伝えられています。
 昭和を生きた人物たちのポートレート、そして昭和という時代そのものを映し出した風景・風俗写真により、現在の日本の社会構造と生活環境の基礎を形づくった「激動の時代」を振り返ります』

 というのがパートⅠの解説。

Dsc_00192

 女優や作家、画家などのポートレイト(そのほとんどが既に雑誌などで紹介されている作品)が展示されていて、なおかつそれらのコンタクトプリントなんかも展示されている。コンタクトも所蔵品なのかなあ。

Dsc_00242

 で、ラストの方は1980年以降の学生や農民の闘争写真です。いいなあ、こういう構成。

Dsc_00282

 で、本当のラストのラストは、中平卓馬氏の「アレ・ブレ・ボケ」写真なんだなあ。う~ん、こういう写真を最後に持ってきてしまう横浜美術館のキュレーターの人の仕事って、尊敬しちゃいますね。

Dsc_00312

 で、これが「アレ・ブレ・ボケ」写真のネガ。まあ、さすがにネガは中平氏自身のものだろうね。

Dsc_00303

 んで、PART Ⅱが「Ⅱ “マシン・エイジ”の視覚革命―両大戦の写真と映像」ということで、アメリカやヨーロッパの写真が展示されている。

『19世紀、機械を介した新しい視覚を人間にもたらした写真と映像。アメリカで「マシン・エイジ」(機械の時代)と称される第一次・第二次世界大戦間において飛躍的進化と爆発的普及を遂げたこれらの視覚装置は、芸術家たちにとってこの上なく魅力的な表現媒体となりました。
「機械の眼」でしか表現しえない先鋭的なヴィジョンが各国で同時多発的に生み出されたこの時代の写真・映像芸術について、とりわけ二つのメディアの関係性に焦点をあてながら振り返ります』

 というのがパートⅡの解説なんだけれども、でも、マン・レイなんかのソラリゼーション写真には私は好きになれない。やはり写真はストレート写真が一番なんじゃないかと考えている。まあ、写真発見の当初は美術の新技術って感じだったのかも知れないが。大体、ソラリゼーションだって、偶然の発見でしょ。

 とは言いながらも、こんな「セルフ・ポートレイト」って昔から写真家は撮っていたんだな、ってところは笑えますね。

Dsc_00372

 んでも、やっぱりこうしたストレート・フォトグラフィーの方に私は魅かれるのだ。

Dsc_00382

「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」も、「横浜美術館コレクション展」もどちらも2月28日まで(木曜休館日)開催中。

Dsc_00162

 横浜美術館の公式サイトはコチラ

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Minato Mirai Nishi Yokohama ©tsunoken

« 厳選とらふぐコース | トップページ | 天守のない城、水府城 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64772212

この記事へのトラックバック一覧です: 「篠山紀信写真展」のはずが……:

« 厳選とらふぐコース | トップページ | 天守のない城、水府城 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?