フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 「消えゆく沖縄」っていうタイトルなんだけれども……、そうじゃないとおもうんだけれどもなあ | トップページ | “土俵祭り”に行ってきた »

2017年1月 7日 (土)

神田・出世不動尊

 神田の駅前から外堀通りと交差する道で「出世不動通り」と名付けられた道路があります。

 そんな名前が付いたお不動さんなんだから、さぞ立派なお不動さんなんだろうな、なんて探しているとどこにもない。

 で、注意深く探しているとありました、一坪程度の本堂がある、ごくごく小さなお不動さんなんですね。

Dsc_00322

 千代田区観光協会のサイトで調べたら

『徳川家の表鬼門除けとして祀られたもので、本尊は智証明大師作。東潮院不動尊とも言う。
 明治以降、神田松下町の有志によって管理され、第二次世界大戦までは院内に川越喜多院の僧・野川良源が住み仕えていた。
 昭和20年(1945)二月、戦災により本堂は消失したが、本尊は野川良源が生国の九州天草(熊本県)に避難させていたため無事であった。
 第二次世界大戦後は、神田鎌倉町の要請を受けて、出世不動通りが管理した。
 都内でも由緒ある不動尊として知られており、明治の頃には毎月二日、十五日、二十日、二七日に縁日が行われ、植木商などが市を出し盛況であった。後に縁日は毎月二七日のみとなるが、縁日と歳末の羽子板市には多くの人が集まり大変にぎわったという。
 現在の本堂は、昭和六三年(1988)年七月に完成。出世不動とは、相撲取りが信心すれば出世すると言い伝えられたことが始まりと言う説もあります。』

 とある。

Dsc_00332

 出世不動通りといえば、ホテルヴィラフォンテーヌ大手町の裏からちょっと脇に入ったところには、安倍晋三夫人の昭恵さんが経営する「UZU」という居酒屋があります。

 が、そのお店からすぐのところにあるんですね、このお不動さんは。

 う~ん、そんなところにも「政治性」が関係してるんでしょうか。まあ、あんまり考えたくはないですけれどもね

Dsc_00292

 それにしてもこの神田鎌倉町あたりには、出世不動尊といい、この御宿稲荷神社といい、なんか小さな神様や仏様がいて、なんか雰囲気いいな。妙にどでかい神社とかお寺ってないのも神田らしくって「粋なもんですね」ってなところであります。

Dsc_00312

 というのが、正月に神田近辺をブラブラ歩いていて感じたことではありました。

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8G @Kanda Chiyoda ©tsunoken

 

« 「消えゆく沖縄」っていうタイトルなんだけれども……、そうじゃないとおもうんだけれどもなあ | トップページ | “土俵祭り”に行ってきた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64729114

この記事へのトラックバック一覧です: 神田・出世不動尊:

« 「消えゆく沖縄」っていうタイトルなんだけれども……、そうじゃないとおもうんだけれどもなあ | トップページ | “土俵祭り”に行ってきた »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?