フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 常陸太田で「水戸黄門漫遊記」を想う | トップページ | 一の橋、二の橋、三の橋って続いて……えっ? »

2016年12月24日 (土)

常陸太田、ニッポンの正しいイナカ

 水戸から常陸太田までは水郡線の支線を行かなければならない。

Dsc_00672

 水戸から上菅谷まで行って、上菅谷発の支線に乗り換え、水戸からトータル40分程度で常陸太田駅に着く。

Dsc_00032

 その途中の風景がこんな感じ。

 それを見ていてふと思い出したのが、上野から東北新幹線に乗って新花巻まで行って、釜石線で遠野まで行った時の車窓からみた風景。それがちょうど常磐線の特急で水戸まで来て、水郡線に乗り、上菅谷で乗り換えたときの風景にそっくりなのだ。

Dsc_00022

 手前に田畑が広く展開して、遠くには山が見える。

Dsc_00532

 駅も上菅谷と終点の常陸太田以外はすべて無人駅だ。

Dsc_00552

 帰りは常陸太田から水戸まで直通の気動車に乗れたのだが、やはり上菅谷で常陸大宮行きを待って発車する。

Dsc_00602

 上菅谷を過ぎると水戸の街が見えてきて、なんか都会に戻った気になってホッとするのは何故だろう。

Dsc_00652

 考えてみたら、水戸から北はもうほとんど東北地方と同じなんだなあ。東北地方とは地続き。

 つまりそこには「ニッポンの正しいイカナ(=東北地方)」があるんですね。

NIKON Df AF-S NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Suigun Line Ibaraki ©tsunoken

« 常陸太田で「水戸黄門漫遊記」を想う | トップページ | 一の橋、二の橋、三の橋って続いて……えっ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64653638

この記事へのトラックバック一覧です: 常陸太田、ニッポンの正しいイナカ:

« 常陸太田で「水戸黄門漫遊記」を想う | トップページ | 一の橋、二の橋、三の橋って続いて……えっ? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?