フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 85mmで街撮りスナップ in 銀座 | トップページ | アメフト東大vs.拓大戦、東大以上に拓大の方が心配だなあ »

2016年12月 4日 (日)

日吉の悲哀を分かつものは……

 東海道新幹線に乗っていつも気になっていたことがある。

 神奈川県に入って武蔵小杉を過ぎた少し後に車窓の右側に慶応義塾大学の日吉キャンパスが山の上に見えてくる。その直後、トンネルに入ってしまうんだが、トンネルを出ると目に入ってくるのが「日大高・日大中」という建物の上に立てられた大きな看板。で、振り返るとそこからは慶応大学の日吉キャンパスがまだ見えているというシチュエーションなんですね。

 う~ん、何たるシチュエーション。まるで二つの大学の微妙な立場的な関係論を表しているようじゃないか。

 ということで、東横線日吉駅まで行ってきた。

Dsc_00052

 日吉駅東口の正面はいきなり慶応大学日吉キャンパスだ。

Dsc_00072

 西口に行ってみれば、「普通科通り」という、慶應の付属、塾高へ行く道がある。

Dsc_00112

 で、日吉駅の前を走る綱島街道を歩いていると、どんどん道が下がってくる。そう、この辺りの綱島街道は慶応大学が山のてっぺんにあって、日吉駅の南北は結構急な下り坂。

Dsc_00182

 で、その下り坂を下がり切ったところにあるのが「日大高校入口」という交差点。

Dsc_00212

 で、そこを左に曲がって行くとあるんですね、「日大高校・日大中学」が。

Dsc_00242

 そうそう、これが新幹線から見える看板。

Dsc_00322

 しかしなあ、日大高校からは日吉駅行きのスクールバスが出ているし、坂を上がって歩いてくる日大高校生の姿も数多くある。

 彼らにしてみれば「日吉って慶應のための駅なんだよなあ。やっぱりなあ。」っていうのを毎日認識させられてしまう6年間の体験なのだ。本当はそうじゃないんだけれども、でも、慶應があるってのが日吉という町をブランド付けさせているっていうのも事実。周囲のマンションには「ここは日吉じゃないだろっ!」っていうところにも「〇〇〇〇日吉」っていうマンションが多い。

 う~ん、日大さん、ちょっと可哀そう。

Dsc_00342

 いっそのこと、「日大高校・中学の最寄り駅は綱島です」ってアナウンスしちゃえば? スクールバスも日吉行きじゃなくて綱島行きにしちゃえば? 日大さん。

 えっ? まあ、確かに日吉の方がずっと近いのは分かるんですがね。 そこは見栄をはってさ。「日大は慶応の麓じゃない」ってさ。

 無理?

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Hiyoshi Yokohama ©tsunoken

« 85mmで街撮りスナップ in 銀座 | トップページ | アメフト東大vs.拓大戦、東大以上に拓大の方が心配だなあ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64577042

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉の悲哀を分かつものは……:

« 85mmで街撮りスナップ in 銀座 | トップページ | アメフト東大vs.拓大戦、東大以上に拓大の方が心配だなあ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?