フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 二の酉は巣鴨大鳥神社へ | トップページ | 昔「玉ノ井」今「東向島」昭和は遠くなりにけり »

2016年11月25日 (金)

新宿区 箱根山って知ってた?

 早稲田大学から夏目坂を上がって大久保方面へ行くと戸山ハイツというアパートがある。

 その戸山ハイツを歩いていると突然こんな看板に出くわします。

「箱根山 登山口 ようこそ箱根山へ」

Dsc_00292

 で、登山口から上がっていくと……

Dsc_00332

「箱根山」っていう陸軍戸山学校の碑がある。

Dsc_00342

 更に頂上まで登っていく道を上ると。

Dsc_00372

 頂上には三角点があり、「標高44.6m」という標示が。山手線内では最高峰ってわけです。

Dsc_00422

 頂上から周囲を見渡しても、まあ、それほど眺めはよくない。まあ、44.6mですからね。

Dsc_00392

 戸山ハイツから見た箱根山なんだが、まあ木が生えているだけで、山があるのかどうかはわからない。

Dsc_00452

 箱根山がある場所は、「江戸時代には尾張藩徳川家の下屋敷であった。2代藩主徳川光友により、回遊式庭園「戸山山荘」として整備され、敷地内には箱根山に見立てた築山の玉円峰(現在の箱根山)、東海道の小田原宿を模した建物など二十五景がしつらえられた」(Wikipedia)。

 ということで、特に小田原宿を模した町並みはあたかも東海道五十三次のようで、町民にも公開されたそれは特に人気があったようだ。まあ、現代のハウステンボスみたいなテーマパークの一種だったんだろうな。

『お江戸超低山さんぽ』(中村みつお著/書肆侃侃房/2007年12月10日刊)

« 二の酉は巣鴨大鳥神社へ | トップページ | 昔「玉ノ井」今「東向島」昭和は遠くなりにけり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64536926

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿区 箱根山って知ってた?:

« 二の酉は巣鴨大鳥神社へ | トップページ | 昔「玉ノ井」今「東向島」昭和は遠くなりにけり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?