フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 朝霞 柊塚古墳 一夜塚古墳 | トップページ | 武蔵小山商店街、戸越銀座、でその先は? »

2016年11月 9日 (水)

荒川サイクリングロード 朝霞水門

 荒川サイクリングロードっていうか、要は荒川の土手にある道が自転車や散歩の人のための道になっているんだが、荒川の上流方向に行くと、帰りの目印になるのが、この朝霞水門なのである。

Dsc_00032

 朝霞水門は新河岸川や、そのちょっと上流で新河岸川と合流している黒目川と荒川の水位調整のために作られていて、普段は大体閉められていることが多い。

 まあ、新河岸川は最後は赤羽の赤水門や青水門で荒川や隅田川と合流しているので、ここは単なる水位調整ってことだけなんだろうけれどもね。新河岸川の方が雨の時など荒川より水位が上がるのが早いそうで、そのために作られた水位調整水門のようなのだ。

Dsc_00112

 で、今日のテーマはそんな水位調整じゃなくて、荒川サイクリングロードなんです。

 荒川を上流方面へ向かって走っていくと必ず通るのがこの朝霞水門。この先に秋ヶ瀬公園ってのがあって、その中は自動車も走っている道で、そこから先が本格的な荒川サイクリングロードなんですね。

Dsc_00122

 で、ホンダエアポートとか国営武蔵丘陵森林公園(まで走っているんです荒サイって)まで走って、その帰り道、朝霞水門まで来ると「いやあ、なんとか今日も走り切ったな」ってな気持ちになるんですね。まだ、ここは埼玉県朝霞市だけれども、森林公園まで走っているとここで既に100km以上走っているし、もうちょっと行けば東京都板橋区なので、なんかもう家に帰ってきた気分。実はまだ文京区までは十数キロはあるんですけれどもね。

Dsc_00042

 朝霞水門からはさいたま新都心あたりの高層ビルもよく見えるし、なんか見通しがいいからなのかなあ、ここで最後の休憩ってな気分になるんですね。一服したり(ごめんなさい)。おしっこをしたり(再び、ごめんなさい)。

 まあ、荒川サイクリングロードって、こんな感じでずっと横が川しか見えないあまり風光明媚な自転車コースではないんだけれども、でも、長距離走ってきたという爽快感だけは味わえます。

Dsc_00062

 で、その荒川の対岸は「荒川第一調整池」っていっても分かりませんね。今話題の「彩湖」なんですよ。

 彩湖に行くときは初めから戸田の漕艇場経由で行くので朝霞水門経由ではいきません。朝霞水門経由で行っても、結局は羽倉橋経由で荒川の対岸に渡って、同じ荒川サイクリングロードにでるんですがね。

 まあ、その辺が荒川サイクリングロードの自転車乗りの日常ですな。

 多摩川サイクリングロードってのもあって、何度か走ったことはありますが、羽村の取水場から先は旧奥多摩街道から旧青梅街道に入って奥多摩までは行ったことがあります。けど、荒サイほどには脇道は知りません。

 まあ、脇道は全部山道だからな。その辺が「平地埼玉」との違いですね。

NIKON Df AF NIKKOR 50mm f1:1.8 G @Asaka ©tsunoken

« 朝霞 柊塚古墳 一夜塚古墳 | トップページ | 武蔵小山商店街、戸越銀座、でその先は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64452767

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川サイクリングロード 朝霞水門:

« 朝霞 柊塚古墳 一夜塚古墳 | トップページ | 武蔵小山商店街、戸越銀座、でその先は? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?