フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 今日から六義園「紅葉と大名庭園のライトアップ」開催 | トップページ | 東大WARRIORS快勝! でも、心配なこと »

2016年11月20日 (日)

ロバート・フランク! ロバート・フランク! ロバート・フランク!

 1955年、グッゲンハイム財団の奨学金を得て、アメリカ全土の撮影旅行に出たスイス生まれのロバート・フランクは、中古の自動車を買って、約2年間の旅で撮影した写真を編集し、写真集「THE AMERICANS」として発表した。

 その膨大な「普通のアメリカ人」たちの写真には私も圧倒されたし、同じように「どこにでもいるような人々の写真」の集積に圧倒された日本人も多かったということなのだ。

Dsc_00102

 そのロバート・フランクの写真展が「Robert Frank : Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」として東京藝術大学美術館付属の陳列館で開催中だ。

Dsc_00072

 面白いのは、今回の写真展のキュレーターを務めた、ドイツの出版者ゲルハルト・シュタイデル氏が、すべてのフランクの写真を印画紙ではなくて新聞用紙にプリントして持ってきているっていうこと。

Dsc_00052

 つまり、ロバート・フランクとしては自分の作品が「芸術」として公開されることを拒否し、まさしく新聞掲載写真のような「事件の報告」として公開されることを希望したんじゃないだろうか。

Dsc_00062

 それはそれで写真家としての真っ当なスタイルである。まあ、私も「写真は芸術じゃない」という考え方なんだが、写真家として功成り名遂げた人がそういう考え方をするというのも、面白い。

Dsc_00082

 まあ、こうやって1958年に発表した「THE AMERICANS」以降の全写真集が天井からブラ下げられて展示ってのも面白い。

 しかし、これで全写真集っていうのも少ないなあ。まあ、日本の場合「写真集」として消費される写真が多いのに比して、写真が絵のように一枚一枚売れるヨーロッパやアメリカとの違いなんだけれどもね。

The_americans2

「Robert Frank : Books and Films, 1947-2016 in Tokyo」は11月24日まで、東京藝術大学美術館陳列館で公開中。入場無料。

NIKON Df AF NIKKOR 20mm f1:2.8 D @Tokyo University of the Arts Ueno Taito ©tsunoken

« 今日から六義園「紅葉と大名庭園のライトアップ」開催 | トップページ | 東大WARRIORS快勝! でも、心配なこと »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64509651

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・フランク! ロバート・フランク! ロバート・フランク!:

« 今日から六義園「紅葉と大名庭園のライトアップ」開催 | トップページ | 東大WARRIORS快勝! でも、心配なこと »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?