フォト
無料ブログはココログ

Amazonウィジェット

  • Amazonおまかせリンク
  • おすすめウィジェット
  • Kindle

« 東京 青梅 勝沼城 | トップページ | ブロガーも見てきたような嘘をつき »

2016年11月 6日 (日)

東大、全敗専修大にあわやの薄氷の勝利

 先々週、国士館大に勝って4戦全勝でTOP8との入れ替え戦を目指す東大と、4戦全敗でもう後がない専修大の一戦が昨日あったわけなんだけれども、意外や意外の試合展開ではあった。

 専修大キックオフ、東大レシーブで始まった第1クォーター(Q)、残り2分5秒、いつもの#33ランニングバック(RB)宮山のタッチダウン(TD)で先制点を取る。

Dsc_01272

 ところが第2Q、残り8分56秒、専修大#15ワイドレシーバー(WR)山内のTDで同点にされると……

Dsc_02122

 その直後、専修大のキックオフを#33RB宮山がキャッチ……

Dsc_02222

 そのままボールを持つとTDしてしまうという、キックオフリターンタッチダウンというビッグプレイで再び専修大を突き放す。

Dsc_02272

 が、第2Q終了直前、専修大#11WR小堀がTDで再び専修大に14対14に追いつかれ、前半終了。

Dsc_03522

 後半は東大のキックオフ、専修大のリターンで試合再開。第3Q終了直前、#81WR岸本がパスキャッチ後走りこんでTD。21対14で第3Q終了。

Dsc_05092

 第4Qも残り2分位になってこのまま東大勝利か? と思った残り1分43秒、専修大#19WR金子へのTDパスが決まって21対21となって、そのまま試合は終了。

Dsc_06712

 タイブレークとなって専修大の攻撃はフィールドゴールで3対0。

Dsc_07612

 後がない東大は敵ゴール前まで攻め込むと、クォータバックから渡されたボールを……

Dsc_07872

 #28RB荒井がそのままゴールラインまで持ち込んでTD。TB6対3で薄氷の勝利をモノにした。

Dsc_07942

 しかし、得点経過を見てみると問題は明白で、専修大の3TDはすべてワイドレシーバー、対する東大はランニングバックが2得点、タイトエンドが1得点と、相変わらずパス攻撃が弱いということなのだ。昨日の試合もかなりのパスがインターセプトされていた。TOP8に勝つためには、ラン攻撃は基本的に問題ないとして、パスの精度を上げるということしかないだろう。

 取り敢えず全勝で入れ替え戦(チャレンジマッチ)に一歩近づいた東大だが、チャレンジマッチが行われる12月17日までの課題として、パス攻撃だな。それがチャレンジマッチ突破のカギになりそうだ。

NIKON D7000 AF NIKKOR 70-300mm f1:4.5-5.6 @Amino Vital Field, Chofu ©tsunotomo

« 東京 青梅 勝沼城 | トップページ | ブロガーも見てきたような嘘をつき »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549500/64448579

この記事へのトラックバック一覧です: 東大、全敗専修大にあわやの薄氷の勝利:

« 東京 青梅 勝沼城 | トップページ | ブロガーも見てきたような嘘をつき »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PEN PEN チョートクカメラ日記

自転車フォトグラファー 砂田弓弦

シュクレはお留守番

アローカメラ&我楽多屋

まだ東京で消耗してるの?